買えばよかった 買わなくてよかった 買ってよかった

 今日5月12日の読売新聞気流欄に、新手の詐欺に遭遇した年配の男性の投書があった。
 同年代(80代前半)と思われる男がいきなりこの方のポケットに、時計を押し込み、いきなりこう言った。
「これは超高級時計なんである。今から彼女と一杯やりたいので、3万円で買って欲しい」

 この方は、これは怪しい、詐欺に違いないと思ったので、
「今お金がない」
というと、この方のポケットに入れた時計をつかみ取って、立ち去ったと言う。
 これは新手の詐欺に違いない。引っかかってしまう人もいるのではないか?そういった内容だった。

 実はおじさんも生前、このような詐欺に遭遇したことがあった。10年くらい前のことだったと思う。

 くうみんが夕食の支度をしていると、おじさんが帰ってきて、
「買えばよかった、買えばよかった」
と、何やらぶつくさ言っていた。どうしたのか聞いてみると、このような内容だった。

 駅前で車に乗った男から、声をかけられた。
「これ、あげる」
 よく見ると時計だった。
「この時計は見ればわかると思うがロレックスだ。展示品なのだが、これを仲間数人で一杯やれる程度の金でいいから買い取って欲しい」
 と言うのだった。

 しかしおじさんは、何が何だかわからなかった。しかし、「あげる」と言うのに違和感を感じたので、断って帰って来たそうだ。
「仲間内で一杯やれる金額ってどれくらいだろう?4人くらい車に乗っていたから3万円くらいかな?でも、ロレックスなんてそんな金額じゃ買えないし、買えばよかったな」
 おじさんは後悔しているような口ぶりだった。

 何よ、それは!!あまりにも古典的な詐欺の手口じゃない!
「おじさん、お答えします。買わなくて正解。そのロレックスは偽物で、それはあまりにも古典的な詐欺の手口」
「あれ、偽物だったのか!!」
 おじさんは非常に驚いていたが、当時としてもあまりにありふれた手口なのに、知らない人間もいるんだなあと、感心したのを憶えている。

 しかし、新聞に出たことと、詐欺師たちの言っていることが何とよく似ていることか。

 いきなり時計を見せつけるところ。
「○○と一杯やりたい」という文言。
「いっぱいできる程度の金額」3万円前後か?

 これが一番ひっかけやすい声かけなんだろうか?
 おじさんがこの詐欺に引っかからなかったのは偶然に過ぎない。ひょっとして「ラッキー♡」と思って買ってしまい、くうみんに大目玉を食らうことになったかも知れない。

 うまい話はそうないので、皆さん気を付けましょう。

 そう言えばくうみんも、「買えばよかった。けど買わなくてよかった」ということがあった。
 近所のスーパーで、ハーゲンダッツのアイスクリームの特売をしていた。二つで350円(税別)だ。
「安いな~、後で買いに行こう」
 と思っていたら、忘れて買いそこなった。

 しまった!忘れていた!

 でも仕方ない。あ~、買えばよかった…そう後悔していたのだが…

 その何日か後、ランニングの帰りに偶然ひやかしで入った地元の小さなスーパー。
 ここはあまりものが良くないが、たま~に冷凍のサーモン刺身やカツオのたたきを、信じられないくらい安く売っていることがある。そんなのがないかと入ってみた。
 なんもなかったらそのまま帰ってしまおう。

 鮮魚にはめぼしいものがなかった。それじゃ、帰るかな。しかし、アイスクリーム売り場の前を通りかかると、そこに信じられないポップがあるではないか!!

 ハーゲンダッツのアイスクリーム1個198円。2個なら300円。お一人様6個限り。

 おお!これは買うしかない!!

 くうみんは急いでかごを持ってくると、その中から6個を厳選した。レジに並んで会計するときは、本当に2個300円にしてくれるのか、間違いではないのかと、レジに打ち出される数字をにらんでいたが、本当に2個300円だった。
 ランニングのときは買い物のためではなく、万一のことを考えて財布と携帯をランニング用のリュックに入れて走るのだが、このリュックの中にアイスクリームを入れた。溶けないうちに帰らなければと、くうみんは全力で走って家に帰ったのだった。

 あの時、買わなくてよかった。ここで買えてよかった。

 …って、これは違うか?!




 追記
 今日、近所のスーパーに買い物に行った。午前中にもかかわらず、野菜に半額シールや、値引きシールが貼ってあった。
 目ざといくうみんは赤ピーマンの値引きシールに気が付いた。100円値引きシールが貼ってあるのだが、ひとふくろ100グラム当たり78円と量り売りで、一袋ごとに値段が違う。それはいいのだが、一袋79円の品物にも100円値引きシールが貼ってある。まさかお金を返してくれるはずはないので、102円の値のついた袋をかごに入れた。
 そこに店長があらわれたので、
「ねえ、これ本当にいいの?」
と言って、100円値引きシールの貼ってある79円の赤ピーマンを指さした。
「なんだこれ!」
 そう言って、それを自分の運んでいる荷物の上に置いた。
「じゃ、これは?」
と言ってくうみんが確保した102円の袋を差し出すと、
「これもダメ!!」
 と、それも荷物の上に置いた。
「ここら辺は仕方ないなあ」
 と言って、向こうに行ってしまった。
 くうみんは赤ピーマンの山をごそごそ選別、113円の袋を持ってレジに向かった。

 オホホ~、なんだか最近ついてるぜ!!

赤ピーマン
 100円引きで一袋13円!こいつは買いだ!!

別の日にあまりにも安いから買ったサラダ菜。ひと箱10パック入りで58円!

サラダ菜
 これを一人暮らしのオバさんが食べるとは、おしゃか様でも思うまい!




 


面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 最近の出来事。。
ジャンル : ライフ

死別の人達と会って

 この1年くらいの間、不思議ちゃんの世界というか、そのような会に数カ月に一回ほど、出席するようになった。おじさんの存在を感じ取れるようにしたい、との考えからだ。

 信じない人にとっては、何とバカなことを…てなものだろう。こっちとしても半信半疑だ。しかし、死んだら終わりなのではなく、死後もちゃんとどこかで見守ってくれていると考えるのは、なんとも心安らぐものなのだ。

 このような会に出席するのはほとんどが大切な人と死別した人たちだ。先日初めて、その会が終わった後に食事(飲み会)に誘われた。

 男一人、女3人の計4人で、くうみん以外はタバコを吸うのだが、電子タバコというのをはじめて見た。こんなのおいしいのか?やはりタバコはアナログの方が風情があっていいのではないか、など余計なことを考えた。

 3人は、他にもこのような会に出席しているそうだ。先生によってやり方が違うので、自分なりにいろいろ研究するらしい。
「ご褒美人生ってあるらしいよ。修行にはならないけど、前世でいい行いをしていると、次の生では幸せでいいことばかりなんだって」
「それ、いいな~、私もご褒美人生、修行にならなくていいからしてみたい」

 お金持ちの家に生まれて何不自由ない生活。両親は暖かい愛情をもって接してくれて、いい学校、いい会社、いい配偶者に恵まれて幸せな家庭を築いて…
 幸せの形はいろいろあるけれど、想像の中のくうみんはおじさんと一緒にいて、どこかを旅行している所。でも、ハッと気づくと、一人でいる自分…
 
 皆さん、くうみんと同じく配偶者を亡くされたらしい。
「ご主人はいくつで亡くなったの?」
「41。ガンだったのよ」
「41なんて早過ぎるよね~」

 うんうん、おじさんは58だった。早死にする人って言うのはどこにもいるものだ。こっちの方がまだましか?いや、悲しみは比べるものじゃない。

 死別の人は、再婚ということは考えない。昔から、「生き別れには添うても、死に別れには添うな」という。死んだ人には敵わない。
 男性がタバコをホッと吐き出した。
「亡くなった人は日々、美化されていくからね」

 くうみんもそう思う。おじさんがいた時は、マンネリでたまには一人旅でもしたいとか、人生2回結婚するのも悪くないとか、考えたものだったけど、こうして一人になってみると、なんて馬鹿なことを考えていたんだろうと思う。それだけ幸せだったと言うことだ。

 今までも、死別経験のある人と話をしたことはあったけど、まず何かの縁があって、それから実は死別だったのよ、というケースばかりだった。今回のように、初めに配偶者との死別ありきで話をしたのは初めてだ。これはこれで新しい縁。

「また会えるといいね」
 もちろん亡くなった最愛の人と。 






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : まあいろいろ
ジャンル :

冬は部屋干し、そして洗濯とおじさんの思い出

 

 洗濯物は日に当てて干すのが一番。雑菌もなくなる。だけど冬は部屋に干すのがいいようだ。

 うちはエアコンで暖房しているのでどうしても乾燥する。湿度計を見ると20%台とか、LL(非常に低いと言う意味らしい)になってしまうこともある。洗濯をしない場合は加湿器を使うが、洗濯した時は部屋干しして湿度を上げる。

 さっきLLだったのが、洗濯物を干すとほどなくして25%になり、30%になり、今は36%になった。洗濯物も、はや乾きつつある。
 昔は部屋干しは臭いが着くとか、雑菌が死なないとか言われたけど、今はいい洗剤が出ているので、そんなことはない。

 こんなこと、もうみんな知っているか?

 おじさんがいた頃は毎日のように洗濯をしていた。特に夏は、おじさんは汗っかきなのでウォーキングをして帰ってくると、まるで水をかぶったかのように汗びっしょりなのだった。お風呂はフィットネスクラブで入るので、そのドロドロのウェアはスーパーのレジ袋に入れて持ち帰り、そのまま洗濯機へ。
 表面積や厚さを考えると、男物は女物の倍くらいあるようで毎日洗濯をするのが適当な回数だった。

 しかしくうみん一人になると、4日に一度くらいで十分だ。汗をかいたウェアは干して汗を乾燥させてから、洗濯かごに入れておく。5日に一度でも量的にはいいのだが、着るものがなくなる。

 おじさんがいた時は夜、洗濯をしていた。朝干しても、夕方までには乾かないことが多かったからだ。
 でも、今思うと、なんてもったいないことをしていたんだろう。おじさんとのだんらんの時間に、ちょこちょこ席を立って洗濯物を干していたなんて。

 こんなに早くおじさんがいなくなるなんて、考えていなかったあの頃。一人暮らしは一度もしないで終わると思っていたくうみんの生活。

 洗濯物を干しながら、今を思う。

 こんなにも長い一人暮らしをすることになるなんて。
 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : つぶやき。独り言・・。
ジャンル : 結婚・家庭生活

葬式とブラックバイト

 河津桜を見に行った日の翌日、いきなり銀子姉さんから電話が。
「ヨハネ叔父さんが亡くなったの。19日にお通夜で20日は告別式。来られなかったら無理しないでいいけど、どうする?」

 ヨハネ叔父さんはおじさんのお父さんの弟だ。お父さんの兄弟の最後の生き残りだったが、とうとう身罷ってしまったか。
「告別式だけ行きます」
 そう答えたが、ハタと思った。例のブラックバイト、受けてしまった後だ。4日間ならこれだけ書くなら楽勝だろう、ハッハッハ!と思っていたが、いきなり一日つぶれてしまったではないか!
 仕方ない。スピード上げて書くことにしよう。

 で、努力の甲斐あって大幅に繰り上げて納品に成功。やればできるじゃないか。
 
 しかし、葬式当日の朝、思わぬ展開が待っていた。ブラックバイトのマネージャーさんから痛い指摘。
「くうみんさん、ここ間違えていますよ!」
「くうみんさん、どうしてこんなに間違いが多いのですか?」

 そう。くうみんは言っていることを勘違いすることが多い。昔こんな漫画を見たことがある。
 社員から
「給料上げろ!!」
とつつかれた社長が、たまらず応える。
「わかったよ、あげるから黙れ!!」
「勝利!勝利!」
 と言って喜ぶ社員。
「何でこんなことを望むんだろう?めんどくさい」
 そう言ってお金の入った給料袋を油で「揚げる」社長。
 この社長のような勘違いが、くうみんは非常に多い。

 コミュニケーションに問題のあるナントカ障害があるのかも知れない。そう思ったことが何回もある。

 仕方ない、ダメ出しの所は帰ってからにしよう。
 くうみんは葬式に向かった。

 葬式はみんなで賛美歌を歌うことと、神父様のお話で構成される。神父様は3人で、二人は外国の人、そのうち一人はかなりお年を召しているのか、立っているのがやっとのようだ。時々座って休んでおられる。

 葬式ではヨハネ叔父さんではなく、くうみんの夫であるおじさんを思い出して、涙が出てきた。これから葬式があるたびに、おじさんを思い出してこんな風に泣くんだろうな。

 親族なので火葬場に行って骨を拾った。
 その後の精進落としでは久々のすし屋の寿司を食べることができて感激!ヨハネ叔父さん、ありがとう。3人前ほど残ったので、人の分まで喰いまくった。

 葬式は終わった。家に帰ってブラックバイトに手を付けた。指摘されたところだけでなく、ひょっとしてこれもあれも、勘違いしているかも知れない。でも指摘されたところだけとりあえず直した。後は知~らないっと。

 もうこのバイト、やめた。

 向こうももう、使おうとしないだろうけど。

 


 
 あとでこの仕事のチャットを見たら、皆「すみません、すみません」と謝っている。やり辛い仕事だってことは確からしい。





 

面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

2月は花粉症の季節。そして…

 くうみんは花粉症だ。初めてこの症状にみまわれたのは大学のときだったと思うが、風邪を引いたわけでもないのにいきなりくしゃみと鼻水、そして目の痒さにどうしてこうなったのか、戸惑うばかりだった。

 医者に行くと、「花粉症です」という診断だった。以来、春はくうみんにとってあまりいい季節ではなくなった。

 その始まりは、2月の初めだ。2月の初めに雨が降る。すると翌日から花粉が飛び始め、花粉症の始まりだ。
 医者に行って薬を処方してもたうのが、年中行事だったが、抗がん剤の副作用及び後遺症を押さえるための漢方薬を飲むようになって症状が出なくなった。
 
 漢方というのは、その症状だけを治すのではなく、全身のバランスを取る働きがあるので、本当に体に合った漢方ならば、関係のなさそうな症状の改善にも役立つらしい。

 という訳で漢方を飲んでいたここ数年は、花粉症の症状が出なかった。去年から漢方薬を飲まなくなったが、体質が変わったのか、まだ季節ではないのか、今の所花粉の症状は出ていない。

 新薬ではなく、民間薬としては、甜茶がよく効いた。薬を飲みたくない人は、試してみてください。

 そうそう、昔の漫画で「同棲時代」というのがありましたね。その中にも花粉症が出てくるのですよ。
 マスクをかけた若い女性が、
「私、お嫁に行けない体なんです!!」
 と言って、自分は花粉症であるという身の上話をする。
 主人公の男女は、
「こんな不幸な人もいるのね」
 と、同情していた。

 この漫画では、「花粉病」と言ってましたが。

 そうか、くうみんはお嫁に行けない体だったのか!!そんなにも不幸な人間だったのか!!

 おじさん、今更ながら、嫁に行けない体のくうみんと結婚してくれてありがとさん!

蛇足ながら2月11日、建国記念日はおじさんとくうみんが結婚を決めた日でもある。


お嫁に行けないあなたに甜茶を…





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR