お彼岸に墓参り

 お墓に魂が宿っている訳ない。魂が宿っているのはくうみんのいるこの家で、この祭壇。

 そう思っていたが、友達が、「そうだけど、墓参りも大事だよ」というので、思い立って20日、お彼岸におじさんの遺骨のある墓に行った。
 なんだか不思議だった。おじさん家の墓は、東京の郊外にあって、行くのに1時間半くらいかかる。でも、待ち時間がほとんどなくてスムーズだった。

 電車の乗り継ぎはもとより、バスの連絡も良かった。バス停もうろ覚えで、
「ナントカ通り郵便局行きのバスはどこですか?」
 というとんでもない聞き方をしても、
「あのバスです」
 とちゃんと通じたし、出て行きそうなそのバスに
「待って~~~」
 と大騒ぎして走り寄ったら、ちゃんと止まってくれたりした。

 先日めろんさんと下呂温泉に行ったとき、
「絶対いるよね」
「うん、いる」
 と二人で話し合った。今までちょくちょく道で会っていた嫌な奴と全く会わなくなったとか、そぐそばに気配を感じるとか。きっと守ってくれているに違いない。
 くうみんが一人旅できるのも、おじさんがいるのがわかるからだ。そうでなければ行く気はしない。

 なんだか、電車やバスで移動しているとき、おじさんがすぐ横に立っているような気がしてならなかったし、そしてこの連絡の良さ。やっぱりおじさんがここにいるんだ。目に見えないだけで。

 いや、やっぱり目に見えた方がいいな。魂だけでもいいけど、できればこの現世の身で。そう、生きているおじさんが一番なんだ。でも、これはかなわぬ願い。

 霊園の近くの花屋さんで花束を2束買った。霊園事務所に顔を出したけど、誰もいなかったのでそのまま墓に行く。箒と塵取りと、雑巾とスポンジ、そしてひしゃくとバケツを手に持つ。ここは掃除道具が完備なので手ぶらで来ることができる。

 墓参りの作法としてまず掃除。去年お墓を改装したから、雑草もほとんどなく、きれい。だけど鳥がフンをしていた。許せん、このバカ鳥が!!フンに水をかけて取りやすくし、ティッシュで拭った。

 スポンジで洗って水をかけ、最後に雑巾で拭いて終わり。キリスト教式なので線香はない。墓前にしゃがんで手を合わせる。

おじさん家の墓


 おじさんのお父さんの隣はお母さんの名前を彫るようにスペースが空いている。おじさんの次の所はくうみんの名前が入るんだけど、それで1枚目の墓碑は最後。
 まるでおじさんとくうみんでこの家は終わりというのが、はじめからわかっていたみたいだ。

墓碑

 2枚目の墓碑にはお父さんの弟であるおじさんの叔父さんの名前が彫ってある。この叔父さんの子が、この墓を継いでくれるという話が持ち上がっている。できればそうして欲しい。
 でも、無理は言わない。



 私のお墓の前で 泣かないでください そこに私はいません 眠ってなんかいません 千の風 に 千の風になって あの大きな空を 吹きわたっています.(千の風になって)



 骨がどうなっても、魂はおじさんとともにあればそれでいい。

 でも、今日の連絡の良さは不思議だな。なんとなく別れづらくて、墓の前でかなり長い間ただずんでいたけど、帰りのバスも全く待つことなく乗れた。

 不思議不思議の一日でした。



 

面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ふと感じること
ジャンル :

号外!確定申告でお悩みのあなたに

 先日、くうみん母の確定申告が無事済んだことはブログに書いた。役所や、税務署でこの時期になると、申告説明会が行われる。

 おじさんは税理士だったので、そういった会場で指導係をするのが今頃の年中行事だった。
「すごい混んでいるんだよ」
 おじさんはよく言っていた。すごく待つのでキレた市民の皆さんから怒声を浴びせられると文句を言っていた。
「何よ、待つのが嫌なら税理士に頼めばいいじゃない。お茶だって出すし、寝ている間にやってあげるわよね」
 くうみんはそんな風に言っていた記憶がある。

 混んでいるのが常だが、いきなりガラガラに空いてしまうことも、ままあるとおじさんは言っていた。
「不思議なんだよ」

 しかし、申告会場に行って驚いた。何十人も待っている人の列、列、列。3時間、4時間待ちは当たり前。う~ん、参った!

 でも、あらかじめ自分で書いて行けば待つことなくその場で収受印を押してくれる。くうみんはあらかじめ申告書を書いてあったので、すぐに提出できた。待っている人をしり目にさっさと帰れるその快感。

 何の知識もないくうみんが、なぜ確定申告書を作成するという荒業ができたのかというと、国税局のホームページにある、「申告書作成コーナー」を使ったからだ。
 使い方は簡単。ホームページを開いて「申告書作成コーナー」をクリック、あとは指示に従って入力して行けばいい。このまま送信することもできるし、今回くうみんがしたように、申告書をプリントアウトして、提出することもできる。

 くうみんの場合、PCに慣れていないのでプリントアウトしたけれど、そのまま送信すればもっと簡単に提出できる。

 PCもあまりできない、申告書なんてもっとできない、くうみんにもできた!

 国税庁の申告書作成コーナー、これは便利だ。これを使って申告すると、税務署の人も間違いがないだろうと安心らしい。

 国税庁も、なかなかやるのぉ~。


申告書作成コーナー

 これじゃ税理士は失業だよ!!よかったね、おじさん。もう関係なくて!






 面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

ビールの消費量が減った本当の訳

 最近ビール類が業績不振だという。ビール類と言うのは本物ビールも発泡酒も、第3のビールもひっくるめたものだ。

 それは若い人たちがあまりビールを飲まなくなったため、という。あまり若い人とは酒を飲まないので、よくわからない。
 くうみんが友達と飲むときは、まずはじめに飲むのはビールだ。でもそれはくうみんがビールが好きだということと、酒を飲むときは運動して風呂に入って、のどカラカラなのでビールなのだ。

 ぷは~っ、今日も元気だ、ビールがうまい!

 それにしても、普通はとりあえずビール、ですよね。若い人は初めからチューハイなんか頼むのかしら。
 それにしても、消費が減っているのはビールだけ?ワインや焼酎はどうなのかな?ビールの消費減少だけが取りざたされているということは、減少しているのはビールの消費だけかもしれないな。

 若い人は食生活が生まれた時から豊かだから、酒もいろいろな種類があるのを知っているだろう。以前であれば敷居の高かったワインも、気軽に飲むようになったし、マッコリや紹興酒も居酒屋のメニューによくみられるようになった。
 くうみんが酒を飲み始めた若い頃は、ウィスキーとビールくらいしか、そもそも知らなかった。

 だとしたら、理由はやっぱり「とりあえずビール」の習慣が亡くなりつつあるのが原因と言うことになる。

 それに、飲まない人も増えているように思う。
 酒を飲むより楽しいこと、例えばスマホのゲームなんかがあるから、酒以外の楽しみに行ってしまうからじゃないか。

 うん?いや、待て。 

 そう言えば、ビールを大量に飲む人がこの世からいなくなった。おじさんだ。

 今だから言うけど、おじさんはすごい大酒飲みだった。でも、飲んでいてもいなくても、態度は全く変わらなくて、静かに飲んでいた。
 だからくうみんも、飲むなとは言わなかった。夜、目が覚めるとおじさんがリビングのソファで寝ていることがあった。空になったビールの缶や、飲みかけのビールがテーブルにあった。その時だけ、
「早く布団で寝なさい」
 と注意した。酒を飲むなと、うるさく言った方が良かったのか?そうすればおじさんは死なずに済んだのか?今となっては、なすすべもないが。
 
 うん、でもとにかく。

 おじさんがいなくなったのがビール消費量の減少につながったのではないかと、くうみんは睨んでいる。







面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

テーマ : え!本当!?
ジャンル : ニュース

私が携帯電話を使えないのはおじさんのせい

 くうみんは携帯を使いこなすことができない。電話するだけで、メールを送ることも、電話番号を登録することもできない。
 というのも、携帯は一家に一台だったからだ。いつもおじさんが持っていて、友達と待ち合わせするときだけくうみんが借りた。

「私も携帯が欲しいな~」
 というと、おじさんは言った。
「一つあれば十分だろう。友達と待ち合わせのときだけ貸してやる。持っているだけで金かかるし、通話代だってかかるんだぞ」
 そう言われれば何も言えない。おじさんも携帯は苦手で、電話番号の登録は誰かにやってもらっていたようなのでおじさんに操作を教わるようなこともなかった。
 晴れてくうみんが自分だけの携帯を持つようになったのは、おじさんが亡くなってその携帯を相続した時だった。全然うれしくない。

 今はPC検索で何でも調べられる世の中ではあるが、携帯で電話番号を登録する方法とか、メール文の打ち方、メールの送り方など、あまりにも基礎的なことは世界中の人間が周知しているという前提らしく、検索してもどこにも出てこない。
 たまに誰かに聞いてみると、偶然にできてしまって、それがどのような過程で出来たものなのか、さっぱりわからない。

 もし今の携帯が使えなくなるようなことがあったら、次に買うのは携帯ではなくスマホになるだろう。スマホならまだ、みんながよくわかっている訳ではないので検索すれば出て来るし、街中でも「スマホ教室」のようなものもあるからだ。
 今更「携帯教室」はないだろうから。

 おじさんは箸の持ち方をくうみんに教えてくれた。けれど、携帯の操作は教えられなかった。自分もできなかったから。もし、くうみんが携帯を使っていたら、今、いくらでも使えただろうに。

 おじさんのバカ。




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

テーマ : まあいろいろ
ジャンル :

おじさんのいるところはこの家

 愛する人の墓参りをかかさないという人は多い。でもくうみんは墓参りをあまりしようと思わない。

 おじさんの家は代々神道で、おじさんのおばあちゃんの代からカトリックになった。
 おじさんもくうみんも、家の墓に入ることについて話し合ったことがある。
「カトリックじゃなくても入れるのかね?」
 そこのところを詳しいいとこに聞いてみると、
「本来信者でないと入れないが、今はこういう世の中なので信者でなくても入ることができる。しかし、信者になった方が望ましい」
 とのこと。

 ということで一度は二人とも、なんちゃってカトリックの道を歩もうと思ったが、信者になるためには講習を受ける必要があるとのことでそこまですることはないと、なんちゃってカトリック教徒の道は断念した。

 しかし、よく見るとおじさんの前に信者でなくて入っている人がいた。おじさんの叔父さんに当たる(へえ、ややこしい)人だ。この人は軍需工場で働ていいるときに何かの事故で亡くなったらしい。
 ということで靖国神社に祀られていて、神道式の位牌もある。この人だけはクリスチャンネームなしの俗名で墓に入っている。

 おじさんも俗名で墓に入った。そのうちお義母さんも俗名で入り、ゆくゆくはくうみんも同じく俗名で入るんだろう。

 おじさんの家の墓は明るくてきれいな墓地にある。それぞれの墓には花が咲いて、参道の花壇には、花が植えられている。

 でも、ここにおじさんがいるとは全く思えない。
 昼は明るいこの墓地も、夜は気味の悪い所になるだろう。夏の日差しは墓の中を熱く焼くだろう。冬の寒さは容赦なく墓の中に吹きぬけるだろう。
 おじさんはこんなところにいない。

 おじさんはくうみんが毎日を過ごす、この家にいる。いつも二人で過ごす、テレビのある部屋。今なら暖房を効かせて、温かくしている。
 ここなら居心地がいい…

 だから墓参りなんてしたくない。あんなところにおじさんがいていいはずがない。



 
面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

テーマ : まあいろいろ
ジャンル :

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR