FC2ブログ

抗がん剤治療決定!悲劇は喜劇につながる

乳癌手術を終えたくうみんは、病院から貰った冊子の、とあるページを見ていた。術後の治療法について、チャート式で書かれている。
 くうみんには一つだけだが、リンパ節転移があった。これがあると抗がん剤治療は必至なのだった。

 仕方ないよなあ。

 でも、ま、ある意味、これ以上悪い結果なんてないんだから。覚悟決めればなんてことないさ。

 その日、病院でおじさんと一緒に、術後の治療法を決める主治医との面談を待っていた。
 いつまでたっても名前を呼ばれない。癌仲間と一緒にいたのだが、あまりに待つので、先に帰ってもらうことにした。
「結果が出たら教えてね」
 
 もう5時を過ぎた。内待合室で、とうとう最後の患者になった。しり上がり寿の漫画を読んで馬鹿笑いしていると、やっと名前を呼ばれた。

 主治医は硬い表情をして、診察室にいた。くうみんは、2枚程度のレポートを渡された。

 手術の断面はすべて強陽性。おまけにtremendous、巨大な、恐ろしいほどの、脈管侵襲があるという。tremendousは英語だから、英語のよく分からないくうみんにはピンと来ない。でも、大変な形容詞らしい。そうなの?おばば様。

これが問題の断面図

「全摘の再手術をします」
 どうやらあまりにも悪い結果だったので、言いづらくて最後にしたらしい。

 あまり抵抗なく決める人も多いらしい。でも、くうみんとしては全摘なんてしたくなかった。主治医はこわ~~~い顔をして、言った。
「じゃ、抗がん剤を先にするか?」
「そ、そうしてください」
 くうみんは、きっと青ざめた顔で言ったと思う。

 主治医としては、抗がん剤治療をしている間に、覚悟を決めておけ、ということだったのだろうが、くうみんとしてはなんとかちちを生き延びさせようと思っていた。
「ちち取りを何とか阻止せねば!!」

 もうみんなに隠し続けることはできない。そう思ったくうみんは、当時通っていたフィットネスクラブのフロントのお姉さんに、泣きながら、お願いした。
「私はガンです。抗がん剤治療をすることになりました。髪の毛が抜けて、迷惑をかけることになりますが、よろしくお願いします」
 フロントの女性は、
「わかりました、大丈夫ですよ」
 と、言ってくれた。

 ジムエリアをうろうろしていると、話しかけてくる声がした。
「最近見かけなかったけど、どうしていたの?」
 ランニング仲間の男性だった。手術と養生のため、くうみんはしばらくフィットネスクラブに来ていなかった。
だから、カミングアウトした。泣きながら。
「私、ガンで手術したの!!」
「えっ、ひざの手術?」
「違う!ガンよ、乳がんの手術をしたのよ!」
「えっ、腰の手術?!」
 
 ロッカールームで顔見知りの女性に出会った。
「どうしたの~、最近いなかったけど」
 くうみんは答えた。泣きながら。
「私、ガンなの!」
「えっ、あなたのご主人がガン!」
「違う!違うの!ガンは私なの!」

 くうみんは泣きながら言っているのに、どうも皆さん信じられなくて思い違いをしてくれたようだった。
「うっそだ~。あのくうみんさんが、ガンのはずがある訳ない。今日はエイプリルフールじゃないぞ~」
 (そう言えば今日はエイプリルフールでしたね。)

 しかし、事実は小説よりも奇なり。 

 髪の毛は1回目の抗がん剤治療の2週間ほど後に抜け始めた。

 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

禿げた日々を思い出して そして志村けんさんへ

フィットネスクラブには、今の所、主にプールあるいは風呂だけ、行っているくうみん。コロナ騒ぎでジムは危ないと、運動と言えば野山を走り回るのがメインだが、最近ちと寒い。

 今日は、プールで歩くか。
 そう思いながら、まず風呂に行った。ここで体を温めてから、いつもプールに行くことにしている。
 のんびり湯に浸かっていると、顔見知りのオバが入ってきた。

 もう60半ばと思うのだが、色白の美貌のオバである。最近ガンで、抗がん剤治療を始めたらしい。髪の毛が寂しくなったので、風呂場ではいつも、キャップをかぶっている。外ではヅラだが、かなり高いヅラのようで、一般人にはヅラとはわからないであろう。

 ところがじゃ!あの意地悪ばあさんが言ったそうだ。
「すぐヅラってわかるわよ!」
 
あのババア、言うに事欠いてそんなことを!抗がん剤治療をしているのがわかっているのに、と言うか、わかっているから、と言うかまったく意地の悪いやっちゃ!
「そんなことないわ!あのかつら、2、30万するでしょ?普通の人には絶対に分からないわよ」
「ああ、よかったわ」
 そんなこんなで、おしゃべりに花が咲き、プールには行かずじまいだった。
 しかし、あの意地悪ばあさん、人間性を疑うよ!

 このオバは今は、内臓のガンらしいが、以前には乳がんも患っており、くうみんとしても一気に親しみを感じるようになった。

 ヅラは安いもので、2、3万からあるが、ヅラとバレバレの代物。まずわからないレベルになると、一気に値が上がり、2、30万円。これだと普通の人には、わからない。しかし、経験者にはわかる。

 くうみんも抗がん剤で、禿げた時があった。抗がん剤の点滴をしているとき、看護師さんが言った。
「もうそろそろかつらを用意しないと間に合いませんよ」
 
 かつらなんか必要なのかな?
 禿げるとは思っていた。でも、帽子やバンダナでいいんじゃないか。でも、看護師さんが言うなら、買おうかと楽天の通販で2万か3万円のものを購入した。これはヅラとバレバレ。それにヅラはどんなに良くできたものでも暑いので、冬しか使わなかった。
 あとは着け毛かバンダナで済ませた。

 禿げであることが恥ずかしいという気持ちは薄かった。これは人によりけり。絶対に禿げを見せたくない人と、どうでもいい人は両方いた。
 どうでもいい人間は、精巧なヅラではなく、バレバレの安いヅラ、あるいはつけ毛、あるいはバンダナでしのぐようだ。

 しかし、公共の場でハゲモロダシという人は、男女合わせてあまりいないように思う。くうみんもそこまではできなかった。うまく説明できないけど、ビックリされるのが嫌だからだろうか?

 さて、禿げた日々を思い出して、語ってみようかね。
 うんと前の方に書いてあるけど、今と以前では、思いも違うだろう。




 そう言えば志村けんさんがコロナで亡くなった。
 コロナであることが発表されて10日も経っていないだろう。彼がドリフで活躍したのは、私が結構大きくなってから。だから、食い入るように見たというほどではないが、
「か~らぁす~、なぜ鳴くのぉ~、カラスの勝手でしょ~」
 と言うのはカラス好きのくうみんとしては、気に入っていた。

 まだ70歳。死ぬには早すぎる年齢。
 感染防止のため、遺族はご遺体に会うことも許されないという。会えるのは遺骨になってから。それがどんなにつらいことか、死に別れのくうみんには痛いほどわかる。

 志村けんさんのご冥福をお祈りいたします。それとともに、ご遺族もお体に気を付けて、ご自愛ください。







面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ :
ジャンル : 心と身体

ついに外出禁止令 コロナ騒動に思う

 東京都に小池百合子知事により、外出禁止令が出た。
「ロックアウトは絶対に阻止したい。そのために外出を控えるように要請します」
 神奈川や埼玉、千葉から会社や学校に通っている人は多い。東京がロックアウト(封鎖)されたらえらいこっちゃ。 

 くうみんの住む神奈川県でも、黒岩知事から「週末は不要不急の外出を控えるように」とのお触れが出された。

 でも、まあ、買い物の行き帰りに、そこら辺の桜を愛でる程度はいいのではないか?出歩くのが悪いというのは、公共交通機関を使うのが良くないということではないか?だったら、ランニングをするのは構わんではないか?など、自分に都合のいいように考えてしまった。でも、この点、本当の所はどうなんだろう?

 幸か不幸か、今日明日は天気が悪そう。特に日曜日は寒くて雪が降るかも知れないと。
 
 昨日金曜日、米がなくなったので買いに行ったら、オーケーでは売り切れ。イオンでは問題なくあった。イオンさんは、人々が心配にならないよう、トイレ紙でも米でも、なくなったらすぐに補充しているそうだ。こんな時に企業理念が判るというもの。
 オーケーの方が安いから、オーケーを贔屓にしていたけど、これからは安いだけではない、企業の姿勢を買って、イオンさんを贔屓にしよう。

 とにかく、今日は天気が悪いし、明日は寒くなるそうだから、外出はしない。でも、フィットネスクラブの風呂にだけは行くことにしよう。

 ちょうど桜が満開の週末。コロナも罪深いものよのう。
 
 近くの野山は、もう花盛り。

 すみれ
 かわいいスミレ

桜咲く
 満開の桜

 すみれもサクラも、「私にはコロナなんて関係ないわ」と言っている。







 面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

観光する日なのに、雨が降る 買いたいものが買えず、悔しいくうみん

 朝起きると、大浴場に向かった。くうみんの他には一人いるだけ。いつもなら、朝風呂って結構混んでいるものだけど、のんびりできた。誰もいない露天風呂に浸かって、外を見ると、どうもあまり天気が良くないようだ。
 今日は雨か。もう一日、持って欲しかった。

 部屋に帰って、ビールを飲むと、ほどなくして朝食の時間。
 食べるのが一番の楽しみの、オバタヌキ達は朝食会場へと向かった。やはりお客はオバタヌキ御一行様と、もう一組しかない。だから、場所もいい所にしてもらえる。

 朝食の窓辺
 眺めのいい窓辺の席

 ここ、西浦温泉は東海の熱海と言われるそうだが、くうみんも熱海によく似ているなあ、と思った。

朝食はこんな感じで
 朝食全景 いただきま~す

 チェックアウトは10時半という半端な時間だった。オバタヌキは、ぎりぎりまで部屋で粘った。

「いい旅館だったなあ」
 めろんさんも気に入ったようだ。
「来年もここにしようか?」
「そやな」

 めろんさんは本当は四国出身だ。しかし、今ではすっかりこちらの風土に同化し、方言もマスターしたという。しかし、これが正しい名古屋弁なのか?名古屋弁とは違う土地の方言なのか?

 名古屋の方言と言えば、河村たかし市長が、非常に美しい名古屋弁を話すと評判だ。あれが正しい名古屋弁なのではないか?

 くうみんもその昔、名古屋弁をマスターしようと思ったことがある。
「そうだがね」
「ここにハンコをおしてちょ」

 まあ、どうでもいい。

 めろんさんが車で来てくれたので、渥美半島を案内してくれた。
 しかし、この雨では、外を出歩こうという気にはならない。菜の花畑を開放している所もあった。もし天気が良ければ絶対に降りて散歩をしただろうけど、何せ、かなり強い雨が降っているので、そんな気になれない。

天気がトホホ
 こんな雨でっせ。この景色も悪くないが…

 そうすると、やはり楽しみは食べること。
 めろんさん御用達の海辺の小さな食堂に入った。コロナにもめげず、たくさんのお客さんが食事をしている。

昼食もおいしかった
 大あさりとカキの焼き物

 くうみんは牡蛎アレルギーだが、火を通してあれば大丈夫なことが判明している。おいしく頂いた。

昼食全景
 何定食だか、忘れてしまったが、フライは熱々、刺身も新鮮だった

 いつもならご飯は残す所だが、シラス丼になっているので、残さず食べた。刺身のエビには体の割には大きなはさみがあった。その中身も卑しく食べた。

 驚いたのは会計の時だ。カードも使えるというのでカード払いにしようとしたら、お店の女性が言った。
「カード払いだと、野菜のお土産が付きませんが…」
「えっ、野菜のお土産があるの?!」

 めろんさん、くうみん一人一人にキャベツ、小ねぎ、セロリのお土産が付いた。それぞれ大束だ。
「キャベツは要るけど、小葱とセロリは要らんわ。くうみんさん、持って行って」
「いいの~?」

 キャベツもあげようか?と言われたが、いかな欲張り婆さんのくうみんでも、この重さには勘弁。
 その後、道の駅にも2軒回ったが、あまりの安さに驚いた。

 道の駅というのは、ものはいいけどお値段もいいという印象を持っている。しかし、渥美半島にある、この2軒の道の駅は大変安かった。
 本当ならもっと買いたかった。
 
 特に花。

 直径10センチほどもある花束が150円とか200円とか、信じられない安さだった。
「スモウ原で買ったら、一本でこの値段だよ!」
「じゃ、買って行けばいいじゃん」
 めろんさんは言うのだが、雨の降る中、大きな花束を抱えて行くのはかなり厳しい。泣く泣く最小限のものを買った。

 お買い物ツアーを終えたくうみんは、めろんさんの運転で新幹線の駅まで送ってもらった。
「また来年ね」

 新幹線は数分も待たずしてすぐに来た。この駅は、こだましか止まらない。
 どこかの駅でひかりか、のぞみに乗り換えればもっと早く家にたどり着いたのかも知れないが、めんどくさいのでこのまま新横浜まで行った。

 スモウ原も雨だ。天気は西から崩れていくもの。今日は西から東に移動したんだもの、雨を追いかけてきたようなものだ。

 一度家に帰って、フィットネスクラブの風呂に行った。寒い一日だった。暖かい湯に、生き返った。

 しかし、のど元過ぎればなんとやら。
 花を買えなかったのが悔しい。スィートピーやら、名前は知らないけど、春の花。あんなに大束で150円!

 来年行ったら、リベンジだ!

 今度は、大きなトランク持って行くぞ!!

 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

西浦温泉へ 一日目は平和に過ぎて

 いつもなら、名古屋ウィメンズマラソンを走った後は、名古屋のブロ友と宴会、その後めろんさんと温泉あるいは、その他の観光地にしけこむことが多い。
 というのも、他のメンバーと違い、オバタヌキめろんさんは、どこか山奥に住んでいるらしく、くうみんの泊まるホテルに一泊する。その流れで他の観光地に行くことになるのだ。

 はじめは高野山へ行った。初めての高野山の宿坊、肉や魚を一切使わない精進料理、酒屋ではなく、般若湯という看板、何もかもが珍しかった。人口2500人、そのうち800人が坊さんという土地柄で目につく成人男性はほとんど僧侶のようだった。

 今回は近場がいいと思い、図書館で温泉地の紹介本を探した。その中に載っていたのが西浦温泉銀波荘だ。
 なんですか、お得なプランがあるということなので、そこを予約した。

 コロナ問題の騒がれる中、旅館経営は大丈夫なのか?めろんさんは、宿泊する前日にそこを訪れ、いろいろ聞きだしたそうだ。
「どれくらいお客さんがいますか?」
「え~っと、7割くらい埋まっています」
 しかし、これは見栄を張っていただけというのが後で判明する。

 前振りはこれくらいにしよう。西浦温泉近くの駅で、めろんさんと待ち合わせをした。2匹のオバタヌキは、無事落ち合うと、めろんさん運転の車で目的地に向かう。途中でコンビニに寄ってもらい、ビールの持ち込みも万全だ。

 今日は良く晴れていて、海もきれいに見えた。
「明日は雨だってよ」
「どうにかその予報、外れないかな」

渥美半島はきりに煙って
 霞たなびく海の景色

 目的の銀波荘に着いた。従業員は皆親切だった。
 貸切露天風呂がいつもは一人1100円の所、今日は550円!
「安い!!」
 ってことで貸切露天風呂も予約することにした。
 予約票を見ると、7割埋まっている割には予約する客が少なかった。ここの客はケチな人が多いのか?

 部屋を案内してくれたのは去年入社したという若い女性だ。
「今日はどれくらいお客さんがいるの?」
 オバタヌキめろんさんは、目をきらりと光らせて聞いた。
「20人くらいですぅ」
 若者はウソをつけない。
「やっぱり…」
 2匹のオバタヌキは、旅館側の必死の見栄張りを見抜いたのだった。

宿からの眺め
 部屋からの眺め 全室オーシャンビュー

露天風呂
 露天風呂もオーシャンビュー

 食事はワンランク上の鉄板焼きコースを選択した。
 レストランに行くと、若い女性が給仕してくれた。

 料理はおいしかった。やはり料理は山より海の近くがおいしい。
「うんめえなあ!」
「本当だなあ!」

お造り
 白身魚のカルパッチョ

オードブル
 芸術的なオードブル

スープ
 スープ。見りゃわかるか

何だろう?
 魚介料理だそうだ

旨かったけど、名前がわからん
 サラダ

お品書き
 これがお品書き

ステーキ
 くうみん注文のステーキ。やはり日本人は牛肉に弱い

ポーク
 しかし、めろんさんは大穴のポークを注文。慣れている人は牛肉にこだわらないものだ

全景はこんな感じ
 料理全景。酒飲みくうみんは高い酒は飲まない

デザート
 や~っぱ、女子はデザートがないと

 お腹いっぱい食べた後、腹鼓を打ちながら、女子トークをし、眠くなった者から寝るという、マイペースな夜を過ごす、オバタヌキ達だった。

 西浦温泉に夜は平和に過ぎて行った。ビールの数も過不足なかった。しかし、次の日は天気が心配。

 このオバタヌキ達は、どうなってしまうのでしょう?

 
 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR