ならず者の身体障碍者

 いつだったか忘れたが、くうみんは地下鉄に乗っていた。そこに白い杖を持った男性が乗ってきた。
目が見えない人なのだが、この人がめちゃくちゃなことをする。人相もよろしくない。いかつい顔と体、出っ張った眉間…

 かなり混んでいたので空席はない。しかし、ある男性の座っている所に杖をカツンカツンと当てて、嫌がらせをしている。
 座っていた男性は席を立って違う車両に行ってしまった。
 その後その目の見えない男性は、両手を広げて両隣の人の肩に手を載せた。なので両隣の人たちも席を立った。隣のそのまた隣には、若い女性が座っていたが、この人の方にも手を伸ばすので、この女性も席を立ってしまった。

 降りる駅に着いたらしく、席を立ったが、電車から降りると途端に杖を大きく振り回した。並んでいた人達が、驚いて身をかわしたのは言うまでもない。
 くうみんも同じ駅で降りたのだが、この人はホームの一つ所でぐるぐる回りながら激しく杖で地面をたたいていた。

 カツカツカツカツ!!

 目の見えない人が杖で地面をたたくのは、用事があるので気づいて欲しいときらしいが、一種異様な雰囲気があって、駅員もぼう然と見ているだけだった。

 ならず者の身体障碍者だ。

 考えてみれば、ならず者も病気になるし、障害を持つこともあるだろう。しかし、どうも、ならず者と言うのは健康なのではないかと言う先入観がある。
 でも、そうではない、事実は逆らしい。

 ならず者ほど病気を持っているそうだ。

 「塀の中の患者様」という本がある。刑務所に勤めていたお医者さんが書いた本だ。
 受刑者と言うのは普通の人よりずっと、病気を持っているそうだ。それはなぜかと尋ねたら、自分を大切にしないと言うことが原因なのではないかと考えた。

 自分の体を大切にしないと言うことは、人の体も大切にしないことにつながる。だからこの人たちは罪を犯してしまったのではないかと、この先生はおっしゃっていられる。

 なるほどねえ、自分をまず大切にして、だからこそ他の人も大切にできる。何か、奥が深いね。

 しかし、障がい者だからと言って、あんなに人に迷惑をかけるのは許されることではない。

 でも、喧嘩になったら強いのはあっちの方だろうな。ひょっとして目が見えないと言うのも嘘なのかも…などという考えが浮かび上がり、小市民くうみんはひっそりとその場を去ったのであった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

塀の中の患者様 刑務所医師が見た驚きの獄中生活 [ 日向正光 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/4/20時点)




 
 

面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 自分を愛する
ジャンル : 心と身体

一番嫌なこと

 筋トレを終えたくうみんは風呂に入り、7時半ごろ、風呂から上がった。風呂場とロッカールームの間に、バスタオルなどを置いて置くところがあるのだが、そこに一人のオバが倒れていた。二人のスタッフが、
「意識があったら手を握ってください!」
「名前を言えますか?!」
など、必死に呼びかけていたが反応がなく、心臓マッサージやAEDで、意識が回復するように介抱していた。
 フロントにつながっているマイクに向かって声を出した。
「救急車を呼んでください」

 AEDの機械を体に取り付け、機械から流れる合図に従って操作していたが、この機械は優れもので、その必要がなければ働かないようにできているらしい。
 そのうちオバは意識が回復して、小さな声で自分の名前を言ったらしい。
「○○さんですね?!」
 
 野次馬根性が出てきたが、そのうち来るのは男の救急隊員だろうし、このまま裸でいるのもなんだかな、そう思ってその場を後にし、最低限のものを身に着けてパウダールームに向かった。
 
 来たら大騒ぎするからわかるだろうと思ったら、思いのほか、ことは静かに運び、くうみんの知らないうちに患者は運び出されていた。

 女子はのぼせやすいので、風呂場で倒れる人は結構多い。でも、一瞬のことですぐに我に返るのが大半だ。こんなに深刻な場面にぶつかったのは初めてだ。無事だといいけど…

 着替え終わって外に出ると、救急車はまだフィットネスクラブ横の道路に止まっていた。これから受け入れてくれる病院を探して搬送するんだろうな。

 そう言えばおじさんも、こんな風に旅館の風呂場で倒れていたんだ。普通なら旅館の風呂場なら、一人や二人のお客がいてもおかしくないけど、その時に限っておじさん一人だった。
 誰かがいればとは思うけど、おじさんはそれだけの命しかもらって来なかったと、ミディアムさんを通して、おじさんが言っていた。

 それはさておき。

 かつてここでは、ダイエットのつもりや、ビールをおいしく飲むために、サウナに入っても水を飲まずにいる女子が多かった。しかし、会員が入浴後にくも膜下出血で亡くなった事件があって、オバ達は震えあがり、皆きちんと水を飲むようになった。
 最近また気が緩んできたからこのようなことが起きたのか、新しい会員だったのか…

 救急車で運ばれたら嫌だよなあ、せっかく冷たいビールが飲めると思ったら、点滴で水分補給なんて。これならせめて口から冷たい水でも飲みたいよなあ。

 最近の銭湯には、家に風呂場はあるけれど、一人暮らしで風呂で倒れるのが不安だと言う人も来ている。くうみんは、家の狭い風呂に入るのが嫌なので、フィットネスクラブや、銭湯を利用しているが、なるほどね。
 健康だと思っても、心臓や脳に病気が隠れているかも知れないし、こうやってみんなと一緒に風呂に入るのはいいことだと思う。

 部屋で人が亡くなったら、その部屋は事故物件になってしまう。事故物件は嫌だ。でも、自分が事故物件を作ってしまうのはもっと嫌だ。

 しかし、一番くうみんの恐れていること。それは…

 もう喉カラッカラ!早くビールを飲みたい!と思いながら、死んでしまうのが一番嫌だ!!

 
 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

春を探しに保護区へ行ったのだが 楽しくて、やがて悲しき…

 くうみんはこの日を楽しみにしていた。
 このところよく行くようになった近所の自然保護区で、今度はサクラの説明をしながら歩くツアーを開催すると言う。ここのサクラはすべて鳥が種を持って来たもので、雑種ばかりだと言う。
 普段見ているソメイヨシノではない、予想もつかない雑種であると言う。ほう、面白そうだ。
「サクラは難しいんですよ。花を見に行ったのか、葉っぱを見に行ったのかわからないようなこともありますからね」
 そうは言ってもダメでもともと、行ってみよう!

 今年は見事にサクラが早く咲き、4月7日当日はこのあたりのサクラはほとんど散った後だった。しかし、雑種のサクラなら、うんと遅咲きのもあるのではないか?そう期待しながら集合場所に行ってみた。
 会費200円也を支払うと、コピー用紙3枚程度の説明書きを渡された。講師は桜に詳しいと言う70歳くらいの女性だった。この人の挨拶が大変長く感じられたが、時計を見るとものの5分程度だった。

「それでは皆さん、保護区へ行きましょう」
 ボランティアスタッフの呼びかけで総勢20人程度の老若男女がぞろぞろと歩き始めた。
 このまま保護区へ行くのかな~と思っていると、講師の女性が、
「皆さん、葉っぱを見てください。いろいろな種類の葉っぱがありますね」

 曰く、木には常緑樹と落葉樹があって、あれは落葉樹でこれが常緑樹…などとくうみんからするとどうでもいいことを延々と話し続ける。
 この人はこの後の道中も長い話をすることになる。ツアーの時間は2時間なのだが、そのせいで後半はずいぶん早回しすることになる。

 集団は、せっかち派とのんびり派に分かれ、せっかち派はボランティアスタッフについて行き、のんびり派は講師について行くと言う形を形成していった。
 
 ボランティアスタッフも植物には結構詳しいし、なんと言っても道案内はこの人たちでないとできない。高い草木の茂った保護区は、誰かの案内がないと迷ってしまう。
 時に「タヌキのタメフン(タヌキのトイレ)」という、危険地帯もある。ガイドがいなくては地雷を踏まずに、無事に帰ることは難しい。

「先生がまだ来ないわ」
 二人いるボランティアもずいぶんじれているようだ。やっと来た先生は、二手に分かれた道をさしてボランティアに尋ねた。
「ここはどっちに行くべきかしら?」
 ボランティアは、少しイラっているように、くうみんには見えた。
「本当はこっちの方が見どころはあるのですが、時間がありませんのでこちらですね」
 先生は何も気にしないかのようにボランティアの指し示す道を歩いた。

 ここのサクラもほとんど終わっていた。
「これは、オオシマ系のサクラなんですが、終わっていますねえ」

オオシマザクラ
 すっかり終わってしまったオオシマ系のサクラ

 ここのサクラは大きく分けてオオシマ系と、ヤマザクラ系に別れるそうだ。オオシマ系は、水辺に良く生えていて、横に広がるように枝を茂らせると言う。ヤマザクラ系は縦にすっと立っていると言う。 

さくら5
 だいぶ無理して撮ったサクラ

さくら1
 これはヤマザクラ系

 しかし、サクラ以外ではかなりの収穫が。

ムラサキサギゴケ2
 ムラサキサギゴケ。スミレと同じくらいの大きさ

 このスミレに似た花は、公園の芝生の上などに群生しているのをよく見かける。その昔くうみんがフラメンコを習っていた先生と一緒に都内の公園に行ったとき、この花が咲いていた。
「かわいい花ね。この花は何て言うのかしらね」
 先生がその花を指して行った。すると誰かが答えた。
「先生、スミレじゃないですか?」
「スミレじゃないわ、似ているけど」
 くうみんも、他の人たちも名前はわからない。
「やっぱり先生、これはスミレですよ」
 その人はしつこく繰り返していた。

 しかし、ついにその謎が解けた。これはムラサキサギゴケというそうだ。

 誰かが質問する。
「コケなんですか?」
「いいえ、苔のように小さいからそう言うのですが、コケではありません。

ムラサキサギゴケ17
 可憐ですね

 そしてアケビの花も。アケビの花はジミなのですが、ここまで群れを成して咲くと迫力がある。

アケビ3

アケビ2

 この花も名前がわからなかったので、聞いてみた。
「これはヒメオドリコソウです」
ヒメオドリコソウ
 おお!ヒメオドリコソウか!!

タンポポ
 誰でも知っているタンポポ

ニワトコ
 これはニワトコだそうだ。

白花ヤマブキ
 シロヤマブキ。これも鳥の食べた実から育ったそうだ。

 サクラは終わっていたけれど、他の花が満喫できたし今までわからなかった花の名前がわかったし、なかなか良かった。

 10時から歩き始めて、終わったのは12時。用意してくれたお茶を飲み、お菓子をむさぼり食べた。お腹が空いたんだもの。また来たいな~。

 今年の春は早く来た。

テントウムシ
 くうみんの家の網戸に来た春の使者、テントウムシ

 テントウムシは幸せを呼ぶと言うけれど…

 くうみんにとって、おじさんのいない幸せって、サクラの終わったときにする花見のようなものだな…

 

 


面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 植物観察記
ジャンル : 日記

茶碗バスの植え替え

 うちのベランダには、しょぼくれた家庭菜園とともに茶碗バスが植わっている。茶碗バスは茶碗で育てられるほど小さいと言う意味なのだろうが、そんなに小さくはない。うちのベランダではかなりな存在感がある。

 茶碗バスに花が咲いたのはおじさんが亡くなった年だから、3年前が最後だ。それ以来花が咲かない。
 検索してみると、できれば毎年植え替えをすべきらしいが、そう言えばこの3年、ずっと植え替えをしていない。植え替えの適期はソメイヨシノが咲き始めるころらしい。ちょっと遅いけど植え替えることにした。

 水をかいだしてメダカを非難させた後、茶碗バスの植わった入れ物を盥の中に入れた。そしてレンコンを引っ張り出すのだが、これがものすごく臭い。そんな臭いかというと、ドブの臭いだ。泥の中から出てくるのは、ほとんどが藻や腐った根っこだ。これを台所にシンクに持って行って汚い所を捨てると、使えるレンコンはあまりにも少なかった。

取り出した蓮
 ほとんど腐った茎ばかり

使えるのはこれだけ
 茶碗バスのレンコン。小さいけど、売っているレンコンと同じ形

 ぐちゃぐちゃになった腐った茎の中から出てきたのは、これっぽっちのレンコン。こんなになっているとは気づかなかった。見えないってオソロなことだ。こんなになっていたら、芽もどう出ていいかわからないだろう。

 水をたっぷり吸った土は重い。ものすごい重労働だが、男手はない。もっとも、おじさんがいたところで
「うっ、くっせ~!おじさん、こんなの嫌だよ!」
 と言って手伝わないだろう。このくうみんも服に臭いがしみ込んで、みんなから陰で「臭い」と言われるのが怖かった。

 しかし、泥の中からきれいなはちすの花が咲くのは見たい。鼻がもげるかと思う悪臭の中、ゴミを取り。肥料を泥に混ぜ、ハチや植え付けの入れ物をたわしできれいに掃除して、ついに植え付けは完了した。

植え付け直後
 大変な思いをして植え付け完了。直後だから水が濁っている

 メダカはどうしよう?この子達はしばらく家の中で飼うことにした。この子達はボウフラ退治のために入れていたのだが、まだボウフラの湧く季節には早いし、くうみんもこの何か月かで引っ越しを考えているからだ。この子達も連れて行きたい。

避難させたメダカ
 避難させたメダカ。この後少しずつ水を足して、「水合わせ」をする。急に水質が変わると丈夫なメダカも死んでしまう

 植え付けて3日後、水の表面に芽が出てきた。成長が早いな。

植え付け3日後
 芽が出ているの、わかるかな?

 メダカは玄関の下駄箱の上に。水草を買いに行こうと思うけど、風が強い日が続くので、遠いホームセンターまで行けない。このところ、自転車をこいでいると、吹き飛ばされそうなほどの強い風の日が続いている。

落ち着いたかな?
 
 水草が来るまでしばし待たれよ。








 
面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : ガーデニング
ジャンル : ライフ

高尾山に行って来た お花情報と一丁平トイレ情報

 春と秋は海外より国内が魅力的な季節だ。今時だったらサクラは見逃せないが、ソメイヨシノが終わりを告げると他の花々が一斉に咲き出す。
 ということで4月3日は早起きして高尾山に行って来た。

 5時半に起きたくうみんは身支度していつも通りの簡単な朝食を摂ると、高尾山に向かった。通勤ラッシュはまだだけど、人にくっつかない程度の込み具合で、空いているとは言い難い。

 2時間ほどで高尾山口に到着。9時5分から歩き始めた。今日はおじさんとよく行っていた稲荷山コースにしよう。結構長いコースだが、眺めも良く気持ちがいい。
 ランニングのときに使うGPS機能付きの時計を持って来たのに、セットし忘れたのに気づいたのは15分ほど歩いてから。しまった。すぐにセットする。1キロくらい歩いたかな。

 オバ集団や、家族連れ、男女のカップルで来る人が多いようだ。その中にくうみんのような単独行がちらほらと。

高尾山ケーブルカー乗り場
 ケーブルカー乗り場前のソメイヨシノ

スミレ1
 スミレは可憐でかわいいね

青木
 庭木でもよく見るアオキ

スミレ2

キイチゴ
 6月初めにはキイチゴがなる

ミツバツツジ

スミレ3

 予定通り3時間ほど歩いたところで昼食にする。まだ11時だけど、おじさんと一緒に来ていた時は、今より1時間遅く出たので、ここでちょうど12時になっていた。その習慣が抜けていない。

 それにここならトイレもあるし…
 手を洗いにトイレ近くに行ったら、なんとトイレが使用禁止に!

 このトイレを当てにしてくる人もいるだろう。

「もうすぐだ!!あともうちょっとでトイレがある!それまで頑張れ、私!それまで頑張るんだ、わがコーモンよ!!」
 など思っていたら、使用禁止の張り紙が!!その落胆は計り知れないものがある。

 ここの次は城山まで歩かねばならない。30分くらいだろうか?
 
 だから皆さん、一丁平のトイレはあてにしないように。
 
本日の昼食
 本日の昼食。ファミマで買ったおにぎり

スミレの群生
 見て!!スミレの群生。実物はもっときれい

城山の茶店
 水団って何だと思ったら、すいとんですね

白い花1

スミレ4

スミレ5

葉の黒いスミレ
 葉っぱの黒いスミレってはじめて見た!

 キャンプ場近くに来ると、植物をガイドしてくれる先生の説明が聞こえた。「これは関東ミヤマカタバミです」。
 きっとこれだろうと当たりを付けた白い花。

関東ミヤマカタバミ
 関東ミヤマカタバミというらしい

黄色い花

ムラサキの花

なにか珍しい花だそうだ
 これも何やら由緒ある花らしい。みんなが写真を撮っていた(後で調べた。ヤマルリソウというらしい)

 里山の春は山桜が似合う。

里山よの~
 ああ、のんびり…

ツバキ
 花いっぱいのツバキ

花吹雪
 花吹雪は春のファンタジー

アケビの花
 アケビの花です

 高尾山のサクラはヤマザクラなので4月半ばくらいまでは見ごろなのではないかと思う。違う種類なんだろうか、まだつぼみの固いサクラもあった。
 最も高尾山はサクラだけじゃなくていろいろな種類の花が期待できるので、サクラが終わったとしても期待外れということはない。
 稲荷山コースをたどり、裏高尾に回って歩き始めた駅と同じ京王線高尾山口に到着。

 9時から歩き始めて駅到着は13時55分。約5時間。(うち休憩は30分ほど)
 歩行距離約14キロ。(GPSし忘れた距離含む)

 おじさんと一緒に高尾山に行っていたときより1時間早く家を出るようになったのは、墓参りのためだ。
 おじさんの家の墓は、高尾山に行く途中にある。だから高尾山に行く時は必ず墓参りをすることにしている。今日行ったら、いつも花を買う花屋さんが休みだった。近くのドラッグストアでランの花を購入。安かったので二束買った。

おじさん家の墓

 おじさん家の墓を掃除して、祈りをささげる。楽していい生活ができますように。「濡れ手に粟」ができますように…

 墓誌のおじさんの次にはくうみんの名前が彫られるスペースがある。ここで一つの墓誌は終わり。まるでおじさん家がここで終わるのが、わかっていたかのような墓誌。

 次の墓誌の先頭にはミカエルのお父さんの名前が彫ってある…





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 高尾山
ジャンル : 地域情報

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR