FC2ブログ

九州で大雨!頑張れ人吉!

 九州はいい所だ。行くまでは、四国と同様、一生行かないかも、と思っていたのだが、行ってみると、食べる物はおいしいし、風光明媚で物価も安い、大変住みやすそうなところだった。

 ゆくゆくは、九州に移住しようかしら?福岡なら、大都会だし関東よりも住居費も安そう。
 など思っていたら、今回の大雨!

 ここまでの被害はなくても、関東よりは台風の災害は多いし、やっぱり関東者は関東が一番住みやすいかも?今回、氾濫で報道されているのは、熊本県を流れる球磨川だ。
 この川は初め、おじさんと車窓から見た。その時も雨もよいだったが、ヒスイ色の水がゆったり流れていた。指定席を取ったが、自由席の方が空いていたので自由席に移動した。
 近くに座っていた年配の男性が、
「自由席の方が球磨川がよく見えますね」
 と、九州なまりで、話しかけてきたのを覚えている。

 そして電車は人吉駅に着いた。
 この時は人吉には、駅から眺めただけで観光はしなかったが、いつか来たいと思った。

 時は過ぎ、おじさんがいなくなり、一人で九州旅行をすることにした。おじさんと一緒に行った場所にも行ったし、その時行きたいと思った場所にも行った。

 おじさんと一緒に行った時、行きたいと思った土地のひとつが、人吉だ。人吉は温泉が出て、球磨川が流れていて、のんびりした風情ある町だ。
 一人旅だったので、泊まれる宿は限られている。一人は受けないところもあるし、バカ高い所もある。その中で、一人旅オーケー、値段も手ごろな旅館を見つけた。

 それが人吉旅館だ。

 手ごろな値段だったので、あまり期待していなかったのだが、とんでもない!
 老舗の旅館で、磨き込まれた廊下と、球磨川の見える広々とした部屋。温泉は昔ながらの情緒あふれる名湯。飲泉もできたと記憶している。
 食事は、もちろん地のものを使った、どちらかと言うと、山の幸の多い食卓。そして女将手作りのキムチ。
 ここの女将は、韓国人で、観光の通訳としてこの地に来て、この旅館の跡取りに嫁いだのだと言っていた。食事の時に挨拶に来てくれた。
「韓国の方が、日本旅館なんて大変でしょう」
「これも運命ですね」
 和服姿で微笑んだ。

 2泊して、近所の寺社仏閣、城跡を歩き回った。観光地なのに俗な所が全くない、また来たいと思わせる土地だった。

 その人吉が!!

 朝の番組で人吉が大変なことになっていると聞いた。
「人吉旅館の女将はどうしているのか?!」
 そう思ったら、テレビ画面に人吉旅館の女将が写っている。涙目に見えた。
「もう旅館が泥まみれです」
 旅館に入ろうとするが、靴が脱げて泥に埋まってしまった。それを抜き取ろうとするがなかなか取れない…

 親切にしてくれた女将さん。

 女一人だと、バカにする宿もある中、人吉旅館は、とても親切だった。

 私をバカにした宿は、評判のいい宿だったが、それは二人以上の場合であって、どうも一人は軽んじるらしい。くうみんだけでなく、一人の人は食事の席も末席で、窓側のいい席は二人以上の客だ。
 ましてや、女一人だと、無意識にそれが出てしまうようだ。

 わかっていないだろうな!霧島温泉の〇〇人山荘!二度と行かないぞ!

 そんなことはどうでもいい。
 人吉の皆さん!後片付けするのはあなたたちだけじゃない。必ずボランティアの人が人海戦術で手伝ってくれる。私が近所の被災地でしたように。その人たちが来れば、すぐにきれいになる。
 
 私もできればその地に行って、ボランティアををしたい。でも、今は新型コロナの時だから、行った方がいいか、複雑なところがある。
今回は、多少なりの寄付をするのが無難だろうか?

 人吉の方たちだけでなく、被災した皆様には心よりお見舞い申し上げます。一日も早く、元の生活に戻ることをお祈りいたします。






九州横断特急記念撮影
 今は亡きおじさんと。幸せでした


 一人で行った人吉

人吉駅
 人吉駅

今宵の宿は由緒ある宿
 人吉旅館は由緒ある旅館。それなのに高くない

家族風呂
 家族風呂

部屋からの眺め
 部屋からは球磨川が見える。こののどかな球磨川が氾濫するなんて

部屋
 広々した部屋

青井神社
 近くにある青井神社

公衆浴場注意
 公衆浴場に入るときの心得

人吉城3ノ丸からの眺め
 人吉城3の丸からの眺め

 この美しい風景が、早く見られますように。







面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

アプリがインストールできません 原始人でもできる対処法 そしておまけのアガパンサスとアカンサス 

 その後しばらくは平和な毎日を送っていた原始人くうみん。
 しかし、不具合は突然起こった。ドラッグストアのアプリをインストールしようとした。これがあればポイントが付くらしい。お得情報につられて、インストールを試みた。
 うん?

 やっぱりアプリがインストールできない!!

「うっほ~~~?!」
 原始人くうみんは、パニックを起こした。どうしたんだこれは?!

 今度は取るものもとりあえず、ドコモショップに向かった。と言うのも、フィットネスクラブのおばちゃん仲間に、
「簡単なことなら受付の人が教えてくれるわよ」
 と言っていたのを思い出したからだ。

 ダメでもともと。断られたら、また予約すればいい。
 ドコモショップの受付には、この間のオタクではなく、知性的なお兄さんがいた。
「あの、すみません。アプリがインストールできないんですけど」
「は?」
「先日は何もしていないのに、治ったんです。でもまた、できなくなってしまって。再起動もキャッシュの削除もしたんですけど。
「は~、そうですか?」

 くうみんはプレイストアの画面を出し、ドラッグストアのインストールをクリックしてみせた。

 すると、なんてこった!!問題なくインストールできるではないか!!

「あら、どうしてでしょう?」
「これはですね」

 お兄さんは説明を始めた(ただし、くうみんの理解の範囲内なので、当たらずとも遠からずのようなニュアンスになる)。
 たくさん使うと、スマホが重くなってインストールに時間がかかる。結果、いつまでたってもインストールできない。しかし、ショップ内は電波が強いので、インストールできるようになる。

と言うことは、インストールできなかったら、ここに来ればいいということか?

 そういうことになる。しかし、月をまたぐと、またスマホ内のデータがリセットされて軽くなり、再びインストールしやすくなる。前に何もしなくても治ったというのは、そういうことではないか?

 なるほど。

 バカ店員と、頭のいい店員では、説明の仕方に差があるということだ。
 バカ店員のいうように、「仕方のないこと」で済ませても、それは正解かも知れないが、それを納得できる形で説明するのが、頭のいい店員。ていうか、これが普通じゃないの?

「どうもありがとうございます」

 くうみんは、問題なくダウンロードできたアプリを見つつ、ショップを後にした。

 と言うことで、原始人でもわかるクルクルアプリの対処法は、

 ショップに行って、そこでインストールする、でした。  





 先日行ってみた公園で見かけたアガパンサスとアカンサス

15937548850.jpeg
 これはアガパンサス

15937549140.jpeg
 こっちはアカンサス

15937549380.jpeg
 
 似たような名前だけど、全然違う花。





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : スマートフォン・アプリ
ジャンル : 携帯電話・PHS

アプリがインストールできません ドコモショップで聞いてみた

 スマホのアプリと言うものを、インストールするようになった。はじめは電卓。スマホがあれば電卓が要らなくなるのか!!これは便利!その後、歩数計や、コードリーダーなどをおっかなびっくりインストールして行った。

「うっほ~~!!」
 人類は山火事などで火を発見。これがあれば、動物が寄って来ないことに気付いた。その後火を起こすことを知り、肉や魚を焼けば、さらにおいしく、寄生虫などの心配なく、安全に食べられることを学んだ。

 ガラケーすらまともに使えなかったくうみんにとって、それくらいのインパクトであった。人類の生活が便利になったように、くうみんの生活も便利になった。
 しかし、便利なものと言うのは、危険なものでもある。火なら火傷をする。スマホなら、日々報道されているような、プライバシーの侵害や、誹謗中傷の機器となってしまう所であろうか?

 しかし、ここではそんなことを話題にするのではない。危険ではないが、どうしたんだ、これは!!と思うような不具合が生じる場合がある。

 先日、ユニクロのアプリをインストールして会員登録すれば、さらにお得な値段で買えるということを耳にした。
 お得情報に弱いくうみんは、さっそくアプリをインストールしようとした。

 でも、できない!「インストール」をクリックしても、クルクル回るだけで、どうにもならない。ダウンロード待機中のまま、いくら待ってもダウンロードできない。

 さっそくPCで、どうすればいいか検索した。
 それによると、まずすべきは再起動。 これで出来なければ、アプリフォルダの設定から、アプリと通知を選択、Googleストアを選んで、ストレージ選択、キャッシュの削除を行う。
 あと、いろいろ書いてあったが、くうみんに理解できるのはこの2つくらいだった。

 やってみたが、やっぱりクルクル回るばかり。仕方ないので、ドコモショップに相談に行くことにした。予約すると、近い日は空いていなくて、3日ほど待つ羽目になった。
 しかし、当日の朝、ダメもとでインストールを試みたら、できるようになっていた。

 なんだ、これは?

 問題は解決したが、なんでこんなことになったのか、聞きに行くことにした。

 ショップに行くと、オタクっぽいお兄さんが接客してくれた。

 今、もう問題は解決したが、2、3日の間、アプリのダウンロードができなかった。これはどうしてできなかったのか?また、どうしてできるようになったのか?いずれにしても、何もしていないのだが。

 それに対し、オタク兄さんの返答。

 それは仕方のないタイミングである。そういうことはままある話だ。

 ほんとかよ!
 まあ、機械と言うのはたまにそういうことがあるようで、そう言えば、パソコンもなんだかわからないけど機嫌が悪い事もある。

 パソコン、スマホなどにあまり明るくないくうみんには、このオタク兄さんのいうことを信じることにした。何より、もうアプリのダウンロードはできるんだから…

 しかし、また使えなくなる日が来たのだった。

 さて、このオバさんは、アプリのお得情報を、使えるようになるのでしょうか?






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : スマートフォン・アプリ
ジャンル : 携帯電話・PHS

5年前の今頃

 5年前の今頃は、まだおじさんがいて、平和な毎日だった。
 でも、不思議なことが満載の日々だった。

 当時、うちにはおじさん家の祭壇と、くうみん家の祭壇、二つの祭壇があった。
 同じ部屋に先祖を祀るのはいけないことと言われるが、住宅事情もあり、同じ部屋の違う場所にそれぞれ祀っていた。

 いつも生花を飾っていた。どちらも贔屓せず、同じ花を同じだけ活けていたのだが、4月5月頃からだろうか、おじさん家に供えた花だけが、見る見るうちにしぼんでいく。

花が枯れる謎の写真の載ったブログ記事

 同じ部屋でも風通しが違うとか、そういった条件があったのではないかと言われたが、そうではない。本当に同じ環境なのに、そうなってしまうのだ。

 ウソだあ…
 よろしい。これは100歩譲って、何か原因があるということにしよう。でも、これはどうだ!!と言う現象もあった。

 なんと線香立てに、きりで突いたような穴が開いていた!!

問題の線香立て 当時は花瓶だと思っていた

 穴は外側からの力によって開けられたものらしく、線香立ての内側に小さな破片が落ちていた。

 くうみんもおじさんも、何もしていない。いい年をしてみんなを脅かそうと、仏具に穴をあけるなんて、そんな罰当たりなことはできない。
 ましてや、ゴルゴサーティーンじゃあるまいし、外から誰かが何やら打ち込んだとも考えられない。

 不思議だな。

 花が枯れていくことについては、お花が身代わりになったのだろうとか、直系の子孫がお世話していないから、先祖がへそを曲げたんだろうとか、いろいろ憶測がなされた。

 でも、後からこんな説も聞こえるようになった。
 おじさんはもうすぐいなくなりますよ。そういう予告だったと。

 おじさんが亡くなってからは、こんな不思議なことはなくなった。本当の所はなんなのか、いまだにわからない。

 今では、おじさん家の祭壇は、おじさんのお姉さんが祀るようになり、お姉さんの家にある。うちにはくうみん父の祭壇と、おじさんの祭壇が、別の部屋に祀られている。

 花は、今はおじさんの方に贔屓している。だって当然でしょ。おじさんだもの。

 でもね、不思議なことに、今でも若干、くうみん父の祭壇に活けた花の方が長持ちするんだよ。これはどういうことだろうね。

 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : 不思議な出来事
ジャンル :

消えたイソヒヨ

 毎日イソヒヨのさえずりを聴くのが楽しみだった。朝早くから、どこかで鳴いているのが聴こえた。くうみんの住むマンションの、屋上の一角に止まっていることもあって、そこを見上げるのが楽しみだった。

 それなのに。

 イソヒヨちゃん、どこかに行ってしまった。
 雨が2日ほど続いた後のこと。雨の日はイソヒヨドリのさえずりは、雨の音にかき消されるのかよく聞こえないことが多い。それだけに、雨が止んだ後に、あのきれいな声を聴くのが楽しみだった。
 だけど、雨が止んだのに、声が聴こえない。

 どうしたんだろう?

 先日、家の前の電柱にハトのような鳥が止まっていた。イソヒヨドリのおかげで、ちょっとばかり鳥に興味を持ったくうみんは、小さな望遠鏡を持ち出して、その鳥を見た。するとそれは、ハトではなく、猛禽だった。
 猛禽も、大きなものばかりではなく、ハトくらいの小型のものもいるようだ。
 
 こいつ、イソヒヨちゃんを襲ったんじゃないだろうな!!
 しかし、こんな普通の住宅街で、猛禽がいるなんて思いもしなかった。イソヒヨドリだけでなく、ハトやスズメものんびりなんかしていられない。猛禽だけじゃなくて、カラスだって襲ってくるだろう。

 スズメやツバメが人間のいるところに巣を作るのは、そこにいれば外敵が来ないからだというが、きっとイソヒヨドリも、人の近くにいるのが安全だから、この近辺をねぐらに選んだことだろう。
 でも、あんな猛禽がいたのでは…

 戻って来て欲しい。またこのマンションの一角に止まって、きれいな声を聴かせて欲しい。けれども、もしもここが危険な所だと思ったら、もっと安全な所を見つけて暮らしてね。

 彼女がここにいたのは、ひと月くらいだっただろうか?
 きれいな声を毎日ありがとう。その声を聴いていた日々は、幸せだった。

 出会うは別れの始めでもある。
 出会いはうれしい。別れは悲しい。私は、別れたあなたの無事を祈る。

 あなたは野の鳥さんだったけど、何だか別れが無性に悲しい。
 







面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : 感謝
ジャンル : ライフ

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR