FC2ブログ

おうちで過ごした日々 おうちで作ってみたシュークリームの皮 そして趣味の園芸

 外出自粛で、お菓子作りが流行っているという。なるほど、スーパーのお菓子材料コーナーの、ゼラチンやホットケーキミックスがなくなっている。
 普段お菓子作りなどしない人が手軽に作りたいから、こんなものがなくなるのだな。

 くうみんも、普段お菓子作りなどしない。作るとどうしても量が多くて、食べ過ぎてしまうからだ。(食べきれないということはない)

 しかし、こんな時だから、ちょっとやってみようじゃないの?くうみんは高校生の時に作ったシュークリームを思い出した。
 家にあった、「簡単おかず」とか言った、料理本の中に、シュークリームの作り方が載っていたのだ。お菓子と言うのは、レシピ通りの分量と、作り方さえ押さえていれば、結構うまくできるらしい。

 さっそく、パソコン検索して、簡単にできるシュークリームの皮の作り方をプリントアウトした。しかし、これが試練の始まりだとは、くうみんには知る由もなかった。

 分量の水、バター、小麦粉、卵を用意し、調理器具をスタンバイ。オーブンを予熱し、シュークリームの皮を焼くことに相成った。
 うちのオーブンはシャープのヘルシオ。シュークリームの自動調理に合わせ、ウォーターオーブンと言う機能を使った。

 できたものを見てくうみんは、驚いた。
 なんと、まったく膨らんでいない!どうしてこんなことに!

21日作成
 5月21日作成のシュークリームの皮。油揚げではない

 捨てるのももったいないので、市販のホイップクリームをつけて食べた。味はシュークリームだった。

 原因はどこか?そうだ、レシピはパソコン検索したもので、焼き方はヘルシオにしたのが悪かったんだろう。今度は焼き方もレシピ通りにしてみればいい。

 5日後、くうみんは再びシュークリームの皮作りに挑戦した。
 
どうだ!!
 これでどうだ!!

26日作成
 あれ~、どうして?

 しかし、結果は無残なものだった。やはり膨らんでいない。一回目と同じように、下がくっついてしまった。
 どうしてこんなになるのか?これは若き日の記憶によると、下の火が弱い時にこうなるのだ。

 くうみんはヘルシオの中を覗いた。すると、とんでもないことに気が付いた。

 ヘルシオには、下からの熱源がない!!
 そうか、すると、パソコン検索したレシピではなく、ヘルシオ専用のレシピでないとできないということだ!!

ヘルシオの熱源
 ヘルシオの熱源は上にしかない。光っている所がオーブンの熱源。あれだけでよく加熱できるものだ

 初めからそうすればよかったのだが、パソコンで検索したレシピの方が簡単そうだったので、ついなびいてしまった。

 再びくうみんは失敗したシュー皮を食べる毎日を送った。

 5日が過ぎた。シュー皮もなくなった。
 今度はヘルシオ専用のレシピで作った。

 三度目の正直
 今度こそ!!

やっとできた
 お~、やった~!!3度目の正直

 ところどころ穴があいているものの、家で食べる分には十分きれいにできた。
 
 ホッとしたのか、クリームを詰めることもなく、ポリ袋に入れて、冷蔵庫の中に。

 人間ってこういうものさ。



 くうみんが慣れないことをしたからか?季節外れのアロエの花が咲いた。

アロエベラの花が今頃
 本当は冬に咲く花

なかなかきれいだ
 結構きれいだ

 アロエには、アロエベラとキダチアロエがある。キダチアロエの花は、オレンジだけど、アロエベラの花はこんな黄色い色。

名前は知らぬが食べられる。金時草の一種か?
 名前は知らないけど、食べられる。金時草(きんじそう)の一種か?蕾が出ているけど、閉鎖花かも知れない。植木鉢やプランターの土替えの最中

 閉鎖花と言うのは、厳しい環境の中で咲く花。本当は花弁の付いたきれいな花を咲かせたいのだけれど、例えば土が痩せていて、花弁なんて付けられない場合に、花が開かない、この花になる。スミレはよく閉鎖花をつけるようだ。

 すまん。名無しの植物よ。何年も植えっぱなしで肥料不足でこんなことになったのか。土を替えたから、元気になっておくれ。

blog_import_5187a718b4921.jpeg
 本当はこんな花が咲く。閉鎖花に対し、開放花と言う。前に住んでいた家で、まだおじさんもいた頃

今年は月下美人がたくさん咲きそう
 こんな劣悪な環境の中、月下美人が今年はたくさん咲きそう

どの葉にも、こんなに蕾が
 葉先の膨らんでいる所が蕾になる
 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

世界中の皆さんが納得できない日本の新型コロナ事情 これからも頑張ろうね~

 な~に、ゆるいことしてるの~?
 こんなんじゃ、3週間後はアメリカみたいになっているよ~。

 新型コロナウィルスには、世界中の各国がロックダウン、外出禁止令、患者追跡アプリなど、強い姿勢で臨んだ。しかるに日本では、各国からは出遅れだと非難され、外出を「自粛してくださ~い」とお願いモードしかできず、冒頭のような声が世界中から聞こえてきた。

 みんな大変な思いをしているのに、日本だけがこんなゆるいことをして、大丈夫か?
 
 しかし、結果オーライ。

 日本人は清潔だから、と言うが、言っちゃ悪いが、そんなに清潔とは言えないインドは患者数は多いものの、やはり死亡率が低いようだ。
 
 だったらなぜ?

 東洋系は新型コロナに強いのではないかとか、結核予防のBCGが新型コロナにも、効いていると言う説が浮上している。この解明はこれからの課題であるという。

 面白いのは、海外の皆さんの納得できない様子。

「日本は新型コロナウィルスの封じ込めに成功している」
 WHOの会長・デドロスさんが、腑に落ちなさそうな顔で発表した。

 海外の報道も、納得できなさそうだ。
「日本では新型コロナの死亡率が極端に低いんだよね。あんなにユルいことしかしないのに、なんでだ?」

 それはアマビエ様がみんなを守ってくれたから♡…かも知れない。 

 しかし!ここでゆるめたらいかん!引き続き、第2波、第3波に備えなくては!!

 最後ではありますが、必死の思いで新型コロナに立ち向かっている医療従事者の皆様には、深い尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。

 皆様に、迷惑かけないよう、努力します!


 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : コロナウイルス感染症
ジャンル : ニュース

くうみんのモテ期

 人にはモテ期が必ずあるという。
 しかし、そのタイミングは非常に難しい。運良く、20代、せめて30代前半にぶつかってくれれば、付き合う相手、結婚する相手に不自由なく、大勢いる中から、一番いい人を選べるというものだが、そんなゴールデンタイムにモテ期が来るとは限らない。

 くうみんが今までの人生を振り返ってみると、モテ期はたぶん、乳幼児期だったのではないかと推測される。
「すごくかわいい顔をしていたのよ」
 くうみん母が言う。なるほど、くうみんが1歳、2歳くらいの時の写真を見ると、自分で言うのも何だが、不二家のペコちゃんに似た、かわいい顔をしている。

 だからこの頃はみんなにかわいがられた。2つ違いの妹がいたが、両親からは、私ができ愛され、周りの人も同じような反応だった。
 
 それがだんだんと変わってきたのは、いつごろからだろうか?
 早や幼稚園の年長くらいになると、もう、かわいいと言ってくれるのは父親しかいなかった。
 しかし、高校くらいの頃までは、ずっと信じていた。
「私はかわいい、私は美人」

 そのうち、友達の中には、彼氏と付き合うものも出てきた。付き合うまでは行かなくても、付き合いたいんだけど、と言われたとか言う話も聞いた。

 妹とは、彼女が高校に進学してから、完ぺきに勝負がついた。妹にも彼氏ができた。大学に行くと、なんとファンクラブまでできていた。
 ブスのねえちゃんは地団駄踏んで悔しがった。

 おかしい、おかしい、私はモテるはず、と思う毎日。しかし、大学に行くようになったある日、くうみんはモテない、それは明確になった。
 サークルの夏合宿のことだった。
 三重県の合歓の郷(ねむのさと)で。
 そこで電気自動車に乗って移動する人と、自転車で移動する人とに分かれることになった。電気自動車は、免許が必要なのだが、免許のあるのは男子ばかり。なので、好みの女子→年長男子→下級生男子の順で乗ることになる。

 くうみんも乗せてもらおうとしたが、どこに行っても、「もう満員」と断られてしまった。
「私も連れて行って!私も連れて行って!」
 と叫んだが、みんなこっちを見て笑っているだけ。そして、行ってしまった。自転車組もいなくなり、一人残されたくうみんは、200円払って自転車を借り、みんなの後を追った。悲しかった。

 やっとわかった!わたしって全然モテないのだわ!

 まあ、おじさんと出会ってよかったね!

 と言うことでくうみんのモテ期は、かなりずれたところにあった。しかし、今日この頃のことで思った。
 
 最近、超若い男性からモテているではないか?!

 若い頃に、中学生に追いかけられたことがあっただろうか?
「おねえさんだ~」
 と言って、喜ばれたことがあっただろうか?

 まったくない!!

 今、顔を隠しているとはいえ、きれいなお姉さんに見えるということだ。超若い男性からは、きれいなお姉さんに見えるということだ。

 これをモテ期と言わずして、なんと言おうか?

 これからは、
「おねえさ~ん」
 呼ばれたら、ひらひらと手を振り、バレないうちに走り去ることにしよう。

 しかし、声をかけてくれるのは、3歳くらいの男の子から、せいぜい中学生まで。もうちょっと年のいった男子がいいのだが。
 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : モテる!!
ジャンル : 恋愛

コロナのおかげで指を舐める人激減 コロナと共に撲滅できるか?

 以前から気になっていることがあった。それは指舐めだ。

 それは市役所の窓口で、パートをしていた時に、特に目についた。
 
 指を舐めるのは、年寄りが多い。紙類ならともかく、プラスチックのカードを取り出すときに舐められたときは、なかなか乾かず。どこをつまんでいいか、わからないことがあった。
 それでも嫌な顔はできず、見えない所でそっとティッシュでついている唾液を拭いて、
「これ、べちゃべちゃに舐められてたから、角を持った方がいいよ」
 と、次の担当者に渡した。

 紙幣を取り出すとき、新しいポリ袋を広げるとき、年寄りはよく指を舐める。
 若い人は、そばにある濡れたダスターを使うか、なければ、どうにかそのままで事が済むように、躍起になる。

 年を取ると、汗の分泌が少なくなって、指の摩擦がなくなると聞いたことがあるが、やはり衛生観念の違いだと思う。
 
 くうみんは、抗がん剤治療で皮膚が弱くなり、それプラス洗剤のせいで、ひどい手荒れになったことがある。
 汗腺にも影響が出るらしく、汗が出なくなった。汗が出なくなると、紙幣をうまく取り出せないと、初めて分かった。ゴム手袋をして、洗剤は一切直接皮膚に触れないようにして、数年かかってやっと治った。
 だから、汗の分泌が少ないという不便はよく分かる。でも、くうみんは指を舐めなかったぞ。

 それが最近、指を舐める人をほぼ見かけなくなった。やっぱりこれもコロナのおかげだ。

 指を舐めてコロナにかかったら、えらいこっちゃ。ジイさんバアさんはそう思ったに違いない。

 これで今後も、指を舐める習慣が撲滅すればいいのだが、うまく行くだろうか?






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

かっこいいお兄さんときれいなお姉さん

 先日も書いたとおり、走っていると、子供からお姉さんに間違えられることがある。
 顔を隠していない時代にも、ランスカはいてヒラヒラ走っていたら、中学生の男の子が後ろから、だだだと走って、くるりとこちらに向き直ったことがある。そこにいるのはくうみん。
「おばさんですけど」
「い、一応挨拶はしないと」
 そう言って中学生は、地面に膝をつき、ガックリとうなだれたのだった。
 中学生が、ガックリとうなだれたのは、単に疲れただけではなく、そこにいたのがきれいなお姉さんではなく、おばさんだったからだろう。

 そう言えば、女の子には声をかけられない。「お姉さん」と近づいてくるのは男の子ばかりだということに気が付いた。

 学生時代の友達との集まりで、ある男性が、
「女の子って言うのは可愛いなあ。パパ~、とか言って」
「違うわよ、男の子の方がかわいいわよ」

 例外もあるようだが、男親は女の子がかわいくて、女親は男の子がかわいいというのが、一般的なようだ。
 
 それと同じように、小さい男の子というのは、きれいなお姉さんが好きで、女の子はかっこいいお兄さんが好きなんじゃなかろうか。
 そう言われてみれば、このくうみんが小さい頃は、お姉さんよりも、お兄さんが好きだったような気がする。
 これはくうみんが特に男好きという訳ではなく、異性に引かれるというのは、自然なことなのではなかろうか?

 皆さんの子供の頃、あるいはお兄さん、お姉さんの頃は、どうでしたか?

  




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR