FC2ブログ

究極のシーズンオフだった万座温泉 そしていい事も!

 朝は家にいるときよりもなぜか早く目が覚める。そして家にいるより早く、のこのこ起き出す。
 そう、お楽しみの朝風呂。本当は外の露天風呂に行きたかったけど、寒いので一番近くの満天の湯へ。

 20分ほどで風呂から上がり、部屋に帰ってビール。昨夜は2本しかビールを飲まなかったから、朝にも一本飲める…
 くうみんは冷蔵庫からビールを一本取り出して、飲んだ。

 しかし、毎日こんなことをしていたら、肝臓悪くなるな。ここは本来湯治場で、「ここの温泉で健康になったお客様の声」の中に、
「肝臓が良くなりました」
 という人もいたけど、こんなことでは逆効果。これから温泉で何泊もするのは、やめておいた方がいいな。

 その次は朝食。今日は団体さんもいなくて、空いている。

これは朝食
 朝からガッツリ

朝食でしょう

 向こう側にある紫色の物体は、黒米などの入ったもち米。時計回りに、コーンスープ、ほうとう、ご飯の友。何の整合性もない、食べたいものだけを取った結果のメニュー

 腹いっぱい食べた後は、フロントに行って、部屋を変えてもらった。
「本当はお受けできないのですが、今日は空いていますので。今後は、予約の時に眺望のいい部屋をリクエストしてください」

 おお、そうか、言ったもん勝ちね。

部屋はこんな感じ
 部屋はこんな感じ

晴れた日の万座
 眺めのいい部屋

 腹いっぱい食べた後は読書をしたり、持って来たモバイルパソコンで遊んだり、の~んびり過ごした。
 そして腹ごなしを思いつき、外を散歩することにした。

 温泉街なら、浴衣に下駄をひっかけて…という所だが、こちとら運動するつもりで来たので、いつものランニングシューズにジャージ、そして運動用のジャンパーを羽織った。

 12月初めの万座はあまり雪がないのでスキーはできないし、かといって外歩きができるようなものではないと、この時思い知らさせることとなった。

12月初めの万座
 三角屋根は極楽の湯。露天風呂で最高の眺め

替えてもらった
 湯元
 
 ここら辺をのんびり歩いて、道路をぐるっと一周して帰ろうと思ったが、雪は降っていないものの、道路が凍ってつるつるで、走るなんてとんでもない。歩くのもこわごわと。

牛池
 プリンスホテル近くの牛池。つるつるの道路を、車に気をつけながら必死に歩いて行く

 やっと宿に着いた時は、ほっとした。
 運動はこれから、持ち込みのパソコンでフィットネス用のDVDに合わせてことにドタドタ動き回ることにした。苦情が来たらその時はその時。
 
 風呂に何回も入り、夕食の時間が過ぎ、音楽タイムとなった。
 抽選目当てに音楽を聴き、当たるはずのない抽選会に臨んだ。当選者は4人。

「当選者は、いの一番さん!」 

 お~ダメだ。

「次!にの7番さん!」
「ぬの18番さん!」

 次々と番号がコールされ、最後の一枚を司会者が読み上げた。

「最後です!への9番さん!」

 へ?への9番?これじゃない?!間違いない、これだ!やった~~~~~!

 抽選券を持って、前に出た。司会者が間違いないのを確認した。
「どちらからいらっしゃいましたか?」
「神奈川です」
「お名前は?」
「くうみんです」
「くうみんさん、おめでとうございます!」

 マジ、こんなことってあるんだねえ。

 つるつるの道路に怖い思いをしたけれど、とりあえず今日はラッキーだったこのオバさん。

 明日はどんな一日になるのでしょう?


 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

12月初めの万座温泉へ

 スポーツジムが、メンテナンスのため、一週間ほど休みになると言う。その代わりに同系列のジムを使えると言うが、自転車で通えるようなところはない。電車賃もかかることだし、どうしようか?
 いっそのこと、どこかの温泉にでも行こうかな?年末年始は家にいるんだし。
 そう考えて、いろいろ温泉地を物色したが、一人泊と言うのは、安いツアーでは敬遠されがち。伊東園ホテルなら、一人泊でも同じ価格で泊まれるが、ちょっと他にもないかしら?

 そう思って選んだのが、万座温泉日進館。
 古くから湯治場として栄えた温泉地は、一人泊でも受け付けてくれるようだ。万座もその一つ。

 しかし、一人泊だとやはり高くつくことは免れない。「湯けむり館」なら、一人でも安いが、部屋にトイレがない。やはりトイレでは一人のんびり過ごしたいもの。 
 トイレ付きで一番安い、別館を選んだ。ジムが休みなのは7日間なので、7泊…と行きたいところだが、4泊することにした。

 新宿のバス乗り場で、送迎バスに乗り込んでいざ出発。しかし、バスはがら空きだ。
 休憩を2カ所で取って、バスはだんだんと山の中へ。

 八つ場ダム
 かの有名な八つ場ダム。「無駄だ」とか言われたが、先の台風19号で役立ち、男ならぬ、ダムを上げた

 バス到着から、チェックインまで30分ほどあるので、用意された部屋で待つ。時間が来たので部屋に行くと、何だか眺めがあまり良くない。

眺めの良くないはじめの部屋
 こうしてみるとそんなに悪くないように見えるが、反対側の部屋はゲレンデが見えて、もっと眺めがいい

 あまりうるさいことを言うのは良くないか?
 悩みながら風呂へ。はじめはここのメインのお風呂、長寿の湯へ。写真はご遠慮くださいとのことで、写真は無し。

 ビールは12本ほど持ち込み、焼酎も1リットル箱入りを用意した。持ってくるのは大変だったが、帰りは軽くなるだろう。くうみんは缶ビールを2本ほど飲んだ。

 そしてお楽しみの食事。

楽しみな夕食
 ビュッフェを卑しく食べる。甘エビがこんな山奥で、新鮮でおいしかった

ガッツリ食べる

 食事が終わった8時から、ロビーで演奏会がある。
 すぐに部屋に戻っても仕方ないので、演奏を聞く。たまにはいいものだ…など思うが、一番の目当ては演奏が終わった後の抽選会だ。
 一泊2食付きの宿泊券が当たる。

トランペットとギターの競演

 向かって一番左側にいるのは、この旅館のご隠居、向かって一番右側はそのご子息であらせられる経営者。音楽ファミリーなのだすよ。
 真ん中の二人はプロで、ギターの人は二宮さんと言った。

 さて、お楽しみの抽選会。
 司会者が、抽選箱を持って不正があると思われないようにだろう、お客さんに引かせる。
「はい、今度はそこのお父さん!一枚選んでください!」
「はい、そこのお母さん!」

 そして番号を読み上げるのだが、まあ、お約束通り当りゃしないのだった。

 当選しないのだったら、長居は無用。他のお客もまるで蜘蛛の子を散らすようにそれぞれの部屋に帰って行った。

 さて、もう一回風呂に入って、寝るか。

 このおばさんは、これからどうやって温泉ライフを過ごすのでしょう?!
 
 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

夏はガングロ 冬はシワ対策 暴漢より防寒に注意 涙ぐましい努力の人 くうみん

 くうみんは、ガングロだ。もとはそんなに黒くなかったが、若い頃に調子こいて日に焼けるに任せていたのが、この結果。
 20代の頃は、秋になると色がさめて元通り白くなった。そういうものだと思っていた。
 しかし、30代も半ばを過ぎる頃から、そうは行かなくなったことに気付いた。冬になっても黒いまま。

 そのうち、フィットネスクラブで
「ねえ、くうみんさんって誰?」
「あの、真っ黒な人よ」
「ああ、あの人!」
 と言われるまでになった。

 海外では、まず日本人には見られない。「マレーシアか?」と言われる。たぶん中国系マレーシア人に見えるのだろう。

 これはまずい。

 そう思ったくうみんは、少しでも白くなるようにと、涙ぐましい努力をした。外に出るときは一年中、曇りでも日焼け止めを塗り、帽子をかぶるようにした。
 日焼けはランナーの宿命というもの。しかし、ランニングをやめる訳には行かない。だから、真夏でも長いスパッツを履き、帽子をかぶり、マームカバーをつけて、顔にはマスク、サングラスをして、思いっきり怪しい姿で走る。
 男には見えないので、こんな格好で走るのは、怪しいよりも暑苦しいと思われるようで、
「あ~、暑苦しい格好!」
 と、冷ややかな目で見られる。

 放っておいてくれ。これ以上黒くなりたくないんだ。
 近頃ランニング女子が増えているが、やはりみんな、これに近い姿で走っている人も見かける。
 マスクとサングラス、そして帽子をかぶって走るお仲間。おお、やはりあなたも気にしているのか!人の非難なんか、気にせずに頑張ろうね!

 そのかいあって、今では一番ではなく、2番手くらいの黒さになった。努力はしてみるものだ。

 さて、冬になって、関東は4時半くらいになると薄暗くなってくる。
 くうみんは、冬は3時半くらいに外を走り始める。後半戦は、もう薄暗くなっているので、そんな重装備は必要ないようなものだが、それは素人の浅はかさ。さすがにサングラスはしないが。

 冷たい空気はシワのもとになるのだよ。
  
 かなり前に、寒~い時期に走ってフィットネスクラブに戻ったら、あるオバさんに指摘されたのだ。
「すごいシワよ!!」
 そのオバさんは、何か恐ろしいものでも見るような顔をして、くうみんを見た。
「ひどい!ひどいシワだわ!」
 と言って、おびえたような顔をして、向こうに去って行った。
(何もそこまで言わなくても…)

 そのオバさんのことはその後、敬して遠ざかるようになった。しかし、オバさんは、冷たい空気はシワを増やすと言うことに、気付かせてくれたとも言える。

 太陽の沈んだ暗い夜道。
 マスクをし、大判タオルマフラーを頭からすっぽりかぶって首に巻き付け、帽子をかぶる。これで顔面は暖かく、湿気も程よい。途中、交番の前に立っているお巡りさんが、一瞬、「ん?」という顔をして見たのは、気のせいだったか。
 世間では何ですか、「フェイスウォーマー」というものもあるらしい。なるべく怪しく見えないデザインのものを、そのうちに購入しよう、などくうみんは思っている。

 女性の皆さん!暗い夜道は、暴漢よりも顔の防寒に気をつけましょう!
 
 
 






FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

くうみん母がスマホを選んだ理由はこれ いい加減認めて欲しい自分の身の程と私の力

 くうみん母がスマホを購入したことについて、
「好奇心旺盛」
「挑戦する心意気が立派」
 などという賛辞を表明した人が若干名いた。まあ、90にもなってスマホを試そうなどというのは、なかなか根性があるように思えるのは当然だろう。

 しかし、どうして機械音痴のくうみん母が、スマホにしようなどと思ったのか。
 思い当たることはただ一つ。

 くうみんができるんだから、私にもできるに違いない。

 そう思ったんだろう。

 くうみんは、3人妹弟の長女だが、「一番のバカ」と言われていた。
 確かに3人の中で、一番成績は悪かったが、社会に出てみると、3人ともそう大して違いはなかった。

 他の2人は理系がかなりできるが、私は全くの文系で、母も数字は苦手だった。だから、
「くうみんは私に似ている。(頭の程度も同じか、自分の方が上)」
 今でも、そう思っているらしい。

 しかしな、母上よ、私とあなたは違う。もう認めて欲しい。

 確定申告をするのは私。あなたの尻拭いをするのは私。妹弟は、タッチしない。

 パソコンだって、苦手ではあるけれど、こうしてブログもできれば、メールだって送れる。
 昔のあなたは、私たち子どもの机の中を、盗み見るのが好きだったけど、今のあなたには、私のこのブログを見ることだってできない。

 いい加減認めてよ、自分の身の程と私の力。はぁ~。





 面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

ナントカの祝い

 人間、節目節目にお祝い事があるものだ。子供の頃なら七五三とか、入学、卒業のお祝い。成人式や就職祝い。
 結婚記念日の祝いなんかもあったな。

 そういったことは、誰かそばにいてくれる人が計画してくれるものだが、子供のいないくうみんに、そんなことを気遣ってくれる人なんかいない…と思っていたのですよ。

「くうみんさん、ランチでもどうですか?」
 Nちゃんから、お誘いを受けた。Nちゃんは、だいぶ以前に同じところで働いたパート仲間だ。二人とも、ドジなので女上司に目をつけられていた。

「そうね、〇〇日なら東京まで行くから、この日はどう?」
 神奈川に引っ越したので、以前ならご近所だった人達と会うのも一苦労なのだ。

 何年か住んだら、また戻ろうかしら?そう思うゆえんでもある。もとの所の方が、成田や羽田も近いし。

 まあ、まったくの女子会、ランチだけだと思っていたのですよ。

 その日は冷たい雨が降っていた。
 待ち合わせ場所で落ち合うと、近所の店に入ろうと思ったら、もうすでに店は決まっていて、予約もしていると言う。
「ここから、10分もかからないって言ってましたけど。東銀座のいしだやって言う和食屋さんなんです」
「そうなの?!でも寒いわよ!この近くにもいい店があるのに!」
 その日は雨が降っていて、吐く息が白くなるほど寒かった。

 あっちこっち迷いながら、やっとその店に行きついた。店の中は暖かくてホッとする。
「うぉ~っ、やっと着いたわ!」

「くうみんさん、昼飲みしましょうよ」
「いや~、お茶でいい~」
 など言っていたのだが、もともといける口なので、
「やっぱビールにするかねえ」

 次々と料理が出てきた。えっ。コース?

タイのこぶ〆
 突き出しの鯛のこぶ締めでございます

 次に出てきたのはなんと、お赤飯!
お赤飯
 かなり食べた後

 えっ、ひょっとしてお祝いしてくれるの?!わたしの〇〇祝い。
 横に座っているNちゃんが言った。
「母のときは赤いちゃんちゃんこを贈ったんだけど、着てくれなかったから、それはやめました」
「そうねぇ、ちゃんちゃんこはダメかも。鬼太郎じゃないんだから」

 最近は赤いマフラーやスカーフを贈る人も多いとか。

お椀

 焼いた白身魚が入ったお椀

 刺身はタイとオジサン。オジサンというのは、れっきとした魚の名前だ。ひげが生えているので、オジサンというらしい。

タイとオジサンの刺身
 ああ、オジサンを食べてしまった…

 カサゴの煮つけは身が崩れそうで崩れない、絶妙な煮え具合。

カサゴの仲間の煮つけ
 煮魚は何種類かあったが、これが一番人気

 魚の身を少しでも逃すもんかと、Nちゃんとくうみんは卑しく細心の注意を払って食べた。

 デザートはみたらし豆腐。ブラマンジェにみたらし団子の餡をかけたものだが、これもおいしかった。

みたらし豆腐
 みたらし豆腐はほうじ茶とよく合う

 ここのお客さんは魚をすご~くきれいに食べる。くうみんも魚はきれいに食べると自負しているが、ここではこれが普通だ。
 女将さんに、
「ここのお客さんは魚をきれいに食べますねえ」
 というと、
「うちは魚しか出しませんからねえ」
 なるほど、魚好きしか来ないんだ。
 隣にいた男性客がなぜかうれしそうな顔をしていた。

 料理をおいしく頂いた後は、コーヒーを飲んだ。ここは銀座だから、ブラジルコーヒーを頼んで銀ブラと行こう。

 ブラジルコーヒー
 最後の〆めは近くのコーヒー店へ。ここは高いぞ~!コーヒーが一杯800円~だって!

 誰も祝うことがないと思っていたくうみんの○○祝い。そう言えばおじさんのお姉さん達もランチをごちそうしてくれた。今度はNちゃんがご馳走してくれるなんて、くうみんは果報者じゃ。

 そう言えば、くうみん父や母には、還暦祝いをしてあげなかった。その当時は、父とは付き合いを断っていたし、母のときは思いつかなかった。母には遅ればせながら、その後、長寿の祝いをするようになったけど。

 自分の身に降りかかって、やっと自分の行いに気が付く。

 長寿の祝いについては、父上様、母上様、申し訳ありませんでした(自業自得もあったと思うが)。

 そしてNちゃん、どうもありがとう。おじさんが亡くなったときも気を使ってくれました。恩返ししなくちゃね。

 東銀座、いしだや、うまいぞ~!!

 
 


 
 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR