FC2ブログ

4年の月日を経てわかったこと

 先日、くうみんは、ランニング用の小さなリュックを買おうと、近くのスポーツ用品店を訪れた。リュックはどこか?あたりを見回して、目についたのが、シューズだった。
 そう言えばランニングシューズも、だいぶ擦り減ってきている。ちょっと覗いてみよう

 二人の店員さんが何か仕事のことを話し合っていた。ちょっと声をかけたら、女性の店員さんが来てくれた。
「ランニングシューズが欲しいのですが」
「どのようなものがいいでしょうか?」
「足を保護してくれて、レース用にも使えるものを。いつもナイキなんですが」
 店員さんはナイキではないのがお勧めのようだ。ホカというメーカーで、登山用の靴には定評があり、足を保護する機能に優れていると。

 まあ、たまには違うのを使ってみようかね。アディダスを使ったこともあるし、ナイキと比べてみるのも悪くない。
「インソールを別にお求めになるお客様が多くなりましたが、どうですか?」
 インソールを別に買う?!そんなもの、初めから靴についているじゃない?
「いろいろ機能がありまして。クッション性をよくしたり、走りやすくなるインソールもありますよ」

 この店員さんは商売上手だなあ。つい買ってしまった。肝心のリュックは買いそびれてしまったが、そっちは楽天で買えばいいか。

 家に帰って、思い出した。このインソールのロゴ、どこかで見たことがある。

くうみんインソール
 くうみんのインソール

 そう、おじさんが最後に履いていた靴!
 確認してみたが、やっぱり…

おじさんインソール
 おじさんのインソール 

 靴本体はナイキで、インソールはくうみんが買ったメーカーと同じものだ。色が違うのは、機能が違うからだろう。
 おじさんは偏平足だった。きっと今日のくうみんと同じように、いいインソールがありますよ、とか声をかけられて、買ったに違いない。

「偏平足なんだけど」
「ではこれがお勧めです」
 なんていう会話があったんだろうな。

 店員さんに勧められて、つい買ってしまう似たもの夫婦。おじさんが亡くなって4年経つ。4年目にして分かったこと。

二人の靴
 似たもの夫婦よのう







面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

実は私…○○なんです

 このブログは病気カテにも、籍を置いている。深刻な病状に、何とか明るく暮らして行こう、なんとか困っている人にも自分で工夫していることを、共有できれば、病気カテの人たちの、そう言った思いに満ち溢れている。

 ブログにこういった、普通であればめげてしまうようなことをアップできるのは、この人達が積極的で、前向きなんだと思う。くうみんの場合、一応乳がんという病魔に侵されたことがある。しかし、手術したのは11年も前のことになり、のど元過ぎればなんとやらの心境になっている。

 しかし、くうみんが今回カミングアウトするのは、ガンのことではない。ガンよりもっと以前から患っていた病…

 それは水虫。

 いつから患っていたのか、かなり若い時からだと思う。はじめの頃は暖かくなったな~、と思うと、足がむずむずして、
「ああ、今年も夏が近づいた」
 と、風物詩のように思っていたが、数年後には、なんとか完治させようと、お医者さんで薬をもらい、水虫の休眠期である冬になっても薬を塗り続けた。教えられたとおり、足の裏全体と、ホームカバーという靴下で隠れる程度の範囲に、ひたすら塗った。
 2月くらいになって、「も、いっかな~」などと、薬を塗るのをやめると、また夏が近づくと、水虫が現れる。

 この繰り返しだったが、ガンになって、抗がん剤を点滴すると、あら不思議。水虫が治ったのだった。
 癌友の一人は、ガン治療前にピロリ菌がいるのが発覚した。ガン治療がひと段落したら、ピロリ菌の除去をするつもりでいた。しかし、検査の結果、ピロリ菌が検出されなかったそうだ。
 抗がん剤により、ピロリ菌も撲滅したらしい。だから、くうみんにもピロリ菌はないと思っている。

 抗がん剤を使ったのは、人生最大の過ちだと思っている。人にはわからないかも知れないが、体中にいくつもの不自由が残っている。
 ともあれ水虫が治ったのはうれしかった。

 その喜びもつかの間、くうみんはまた水虫に罹患した。フィットネスクラブが原因だと思う。一番怪しいのは体重計だ。風呂上りに体重計。つい乗りたくなるもの。しかし、体重計は水虫の濃厚感染源だ。何しろ足を乗せるところが、ほぼ決まっている。水虫を持っている人が乗ったら、どんなことになるか?ひとたまりもない。

 その後、くうみんは数年来、水虫の薬を通年塗るようになった。見た目は普通に見えても、水虫は角質の奥深くに潜んでいるので、なかなか退治できないという。もちろん体重計には靴下を履いてから乗るようにした。

 親指や人差し指の間の水虫は治ったが、中指と薬指、薬指と小指の水虫が治らない。指の間がくっついているからだろう。そこで、5本指のアンダーソックスを履くようにした。これは、ガン養生にも効果ありと聞いた。何でも指の間から、毒素が抜けるんですと。

 2、3年経って、もういいかな~、と思って、一時薬をやめてみると、また皮がむけている…この繰り返しだった。そのうち、怖くて薬をやめられなくなった。やめたらまたあの症状が出るかも…

 去年引っ越しをして、皮膚科も変わると、そこの先生が、
「薬をやめて様子を見ましょう」
 と言ってくれた。

 貰った薬は全部使って、それから様子を見ることにした。大丈夫かなあ?確信できるまで皆には言わんでおこう。

 しかし!ついに確信できるようになった!今、薬をやめて3が月余り。症状は出ていない。
 
 やった~~~~!!
 水虫がついに治った!!
 もうフィットネスクラブで貰わないように気を付けよう。

 体重計には風呂上がりの素足で乗らない。なるべく早く靴下を履く。5本指のアンダーソックスはこれからも履き続ける。

 これだけのことで水虫にならずに済む。なったら数年の治療が必要なんだから。

 みんなも気を付けてください。

 

 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : フットケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プリントゴッコを知らない若者 時の流れを感じた

 パソコンが普及する以前は、プリントゴッコで年賀状や暑中見舞いを、印刷する人も多かった。
 何を隠そう、くうみんもプリントゴッコにお世話になった一人だ。
 
 プリントゴッコは、それ一つで原稿の作成から印刷までできる、優れものだった。おじさんは確か、当時勤めていた税理士事務所にあったプリントゴッコで、自分達の結婚披露パーティーの参加不参加を問う、往復はがきを印刷したはずだ。

 小さな事務所や会社で、かなり重宝されていて、初めの機種は単純な絵しか描けなかったものが、かなり複雑な絵も描くことができる機種もできて、絵の具も単純な赤や黄色だけでなく、「あさぎ色」「古代むらさき」など、大人の色も扱うようになった。

 年賀状の絵は、くうみんが書いた。下手なんだけど、おじさんとくうみんの似顔絵がそっくりと、評判だった。髪型もその時のものに合わせた。くうみんが丸禿げのときは、バンダナを巻いた姿だった。

 そのうちに、年賀状を書くのが面倒になって、おじさんの提案で年賀状をやめてしまった。
 
 それから何年経っただろう?いつの間にか、当時近所にあった、西友の年末の売り場から、プリントゴッコが姿を消した。

「パソコンで印刷できるから、プリントゴッコはなくなったらしいぞ」
 おじさんは、どこかで情報を仕入れてきた。
「ふ~ん、結構好きだったんだけどねえ」
「うちだって使っていないだろ?」

 うちでは、パソコンの筆ぐるめであて名を書いて、絵はプリントゴッコ。これが定番だった。
 
 プリントゴッコを使うことは、もはやない。どうしようと思っていると、ブロ友・がちょー様が教えてくれた。
「ハードオフで買い取ってくれるでありますよ!」

 そうか、ハードオフで!

 しかし、面倒でついつい先延ばしにしているうちに、一年経ってしまった。

 ちょっとは金になるかも、と、一番近い買取屋さんに電話をしてみた。
「あの~、すみません、プリントゴッコは買い取ってくれるでしょうか?」
 電話に出た店員は一瞬の間を置いて言った。
「…プリントゴッコ?なんですか、それ?」
「え~っと、パソコン印刷が普及する前に、年賀状を印刷するのに使った印刷機ですが」
「プリンターですか?」
「いや~、それとはちょっと違います。店員さんが知らないのなら、買取はしていないんですね。どうもありがとうございました」

 電話を切ってから、目を丸くした。若者は知らない!!この事実はくうみんにとって衝撃だった。

 次にがちょー様に教えてもらった、ハードオフに電話すると、ちょっと年配らしい男性が出た。プリントゴッコのことは、知っていたものの、
「ほとんどタダで引き取りですねえ」
とのこと。

 どうしよう?ワールドギフトで発展途上国に寄付するか?でも、印刷の版画を作る時に使う「プリントゴッコランプ」は一回で一つ必要。ランプがなくなったら、使うことはできない。こんなものじゃ、あっても仕方ないだろう。
 捨てるにしても、絵の具はどうやって処分するか、いろいろと分別するのが面倒臭そうなので、思い切って、ハードオフに行くことにした。

 受付のお姉さんにプリントゴッコを渡した。若い人だから、この人は知らないだろうなあ。どうせ0円の査定なんだろうし。
 くうみんは、店の中をうろついた。今頃、査定しながら、「こんなもん持ってきて」と、苦笑いしている人の顔が目に浮かぶ。

 ほどなくして、番号を呼ばれた。意外にも50円の査定だった。
 プリントゴッコランプは9個あったし、絵の具も新品同様のが何本かあったので、いくつかのプリントゴッコを組み合わせて一つの製品として売るのかも知れない。

「100円くらいになりませんかねえ」
 ダメもとで言ってみたが、やはりお姉さんは、満面の笑みを浮かべながら、「それは無理です~」と答えた。

 仕方ない。50円になっただけでも、ありがたいと思わなくては。
 
 捨てるには忍びない、家にある他の不用品は、ワールドギフトに寄付することにするか。こんなのでも人々が喜んでくれるなら、家でじっとしているよりは、不用品もうれしいだろう。
 
 それにしても若い者は、プリントゴッコを知らないなんて。オバさんはトホホ、だ。






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 最近の出来事
ジャンル : 日記

わ~い!月下美人だ!3度目の正直

 夜はいつも酔っぱらっているくうみん。だから今まで2度も、月下美人の開花を見損なった。
 でも、今回は下手打たなかった。今回はまさしく3度目の正直。

 見て見て!こんなにきれいな月下美人が、2輪咲きました!

20時頃
 夕方8時頃はまだつぼみ。こんなんで咲くのか、不安だった

 しかし、夜10時くらいになるとこんな感じに。

10時頃か・
 おお!なんと美しい!下に敷いた新聞紙が奥ゆかしい

きれいだな~
 夜の花は光線の加減が難しい。明るすぎると風情がない

夜中の2時頃
 このくらいの光がいいかな?

夜中の二時は丑三つ時
 夜中の2時頃です。一番きれい

4時頃
 朝4時頃。元気がなくなった

朝8時
 朝8時。すっかり花は終わり、香りもなくなった

 ずっと起きていた訳ではないけど、気になるのか自然と目が覚める。そのたび、写真を撮ったり香りを楽しんだり。甘くて少しだけ苦みのあるような香り。

 この後はもちろん食べた。前回は酢のものだったので、今回は酢味噌でいただきました。




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 花の写真日記
ジャンル : 日記

シミ、しわは生活習慣病なんだな~

 いったん頭を冷やすことは大事だ。おじさんを亡くした時に、慌てて色々変なことをしてしまい、取り返しのつかないことをしてしまった、その時の教訓だ。
 レーザー治療、する気でいたのだけれど、お姉さん方に反対された。
「でもなあ、この顔…」
 まだ未練たらたら。

 くうみんはカウンセラーから貰った説明書を読んだ。概要は以下の通り。

 肝斑は、レーザーでは取れないというが、今では肝斑も取ることのできるレーザーもあるらしい。その他にも、これをやったらもっと効果的という補助的な治療法が書いてある。これがオプションと言うものだろう。
 
 他にも治療中の注意点が書いてあった。

 日焼けに気を付けてください。シャワーは当日より可、しかし入浴は24時間後。施術後、肌が赤みを帯びるが、これが取れるまでは血行の良くなることは控えるように。例えばサウナ、激しいスポーツ、大量の飲酒。

 なんと!くうみんの好きなことばかりじゃないか!!あの時レーザー治療を受けなくて良かった。レーザー治療を受ける日にちも考えなくちゃ。 
 フィットネスクラブが休みの日がいい。その日はじっと我慢の子…

 今までくうみんは、外を駆け回っていた。千葉にいたときは、公園や海辺の道を走った。自然の少ない土地であったが、公園にはちょっとした自然があったし、電柱のカラスの巣にヒナがいるのを見つけたりもした。
 今は神奈川の田舎にいるが、ちょっと走るとそこには里山があり、ダム湖があり、野山を駆け回る楽しさを満喫している。

 治療中はこれらをすべて制限しなくてはならない。
 いや、その後もずっと気を付けなければならない。例えば日焼け止めを塗ったり、帽子やアームカバーをつけて、維持しなければならない。

 こうなってしまったのは、今までの積み重ね以外の何物でもない。若い頃はわざと日焼けした。こんなことになるなんて、思っていなかったあの頃。

 そして思った。
 くうみんのシミ、しわは、生活習慣病だ。糖尿病、痛風、肥満…これらと同じ生活習慣によるもの。

 野山を駆け回るおかげで太ってはいない。
 デブとを受容するか、シミ、しわを受容するか…

 う~む、今回はお値段のこともあるし、見合わせよう。もうちょっと、ビタミン剤や、化粧品だ対処することを考えて、普通の皮膚科でどうにかならないか、聞いてみよう。

 という訳で結論は先延ばしになったのさ。






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 生活習慣病・健康・ダイエット・食育
ジャンル : ヘルス・ダイエット

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR