FC2ブログ

壊れたルンバをどうするか?

 おじさんが残したものは、できるだけ捨てたくないけど、そうも行かないのであげられるものは人にあげ、発展途上国に寄付できるものは寄付し、自分で使えるものは自分で使っている。
 しかし、おじさんが亡くなってはや5年、使えなくなるものは少なくない。一番初めに使えなくなったのは、おじさん愛用のダウンジャケット。軽くて暖かいと思っていたけど、ひと月も使わないうちに穴があいてしまい、専用のテープで補強するも次々に穴があき、いくらもしないうちに捨てることになった。寿命だったんだろうな。

 おじさんが使っていた電動歯ブラシ、かなり調子の悪いまま、だましだましずっと使っていた。これが先日、とうとういけなくなった。使っていると、スイッチを切った訳でもないのに、動かなくなってしまう。
 
 替えのブラシが3箱ほど残っているので、この替えブラシが使えるものを買うことにした。

 おじさんのお姉さん方と食事した後に家電量販店に赴き、物色した。
 見ると結構高い。1万5千円とか、2万円を超すようなものもある。こんなの使えないな~。こんなに高いのしか合わなかったらどうしよう?

 など思って店員さんを呼んで、
「この替えブラシに合うものを」
 探してもらった。
 すると、それは従来型の電動歯ブラシで、5千円くらいで買うことができた。

 これくらいなら、いいか。良かった、あんまり高くなくて。

 パナソニックのものだったけど、家に帰っておじさんから引き継いだ電動歯ブラシを見ると、「NATIONAL」と書いてあった。
 そうか~、どれくらい前に買ったんだろうねえ。ひょっとして10年近いかも知れないな~。

 おじさんから引き継いだわけじゃないけど、全自動掃除機「ルンバ」も、いけなくなった。
 修理屋さんに聞いてみると、1万3千円~2万2千円+往復の送料がかかるらしい。これは買った方がいいかな~。今はいい機能が付いたのもあるし、普及版なら3万円ちょいであるみたいだし。

 ルンバは、おじさんと最後に住んだ家に引っ越した時に買ったもの。 そう言えば、同じくらいの時期に食洗器も買ったんだ。これはこの家にも持って来たけど、水道の形に合う栓が2万いくらするというので捨てたんだ。

 もう一人なんだし、食器もそんなに使わないからと思って。

 物がどんどん使えなくなる。
 おじさんとの思い出とともにあるものが、なくなっていく。

 そう考えると、もう一度だけ、ルンバを修理に出そうか、と思うのですよ。

 

 不用品はワールドギフトへ!
         ↓
      ワールドギフト







面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 電化製品
ジャンル : ライフ

おじさんとくうみん、その戦いとおじさんの往生際 あの時この時

 私がずるしたってどういうこと?
 おじさんの言い分はこうだった。
 スタートに着こうとしたら、いつの間にかくうみんの姿がなかった。これは俺達に勝ちたくて、スタートを前の方にしたに違いない。

「そんなことしてないよ!!」
「だったらなんでお前の方が20分以上も速いんだよ!ちょうど後ろと前の差じゃないか!!」

 人気のある市民マラソンは、参加者が多いので前の方に並べばその時間だけタイムが短く計測される。そのことを言っているのだ。
 もっとも、参加者の間でこのことは不評だった。後ろに並んだら、それだけ損するじゃないか。
 なので、今では靴や、ゼッケンにマイクロチップをつけて、スタート地点からゴール地点までのネットタイムを測れるようになった。こうであれば、今回のような事件は起きなかったのだが…

 おじさんだけじゃない。K君が笑いながら言う。
「そこまでして勝ちたいか!」

 大体、くうみんは
「バカ」「頭が悪い」「ブサイク」
 などは聞き慣れているのでそんなにダメージはない。しかし、
「ずるい」
 とか、
「汚い手を使った」
 などというのは、あまり言われたことがないので、非常に苦痛に感じた。

 今回一番速かったのは、Wさんの先導もあって、W夫人5時間15分、くうみん5時間33分、k君、おじさん5時間55分の順。
 W氏とW夫人は沈黙を守っていた。彼らは別格。

「そんなことしてない!!」

 いい大人が何でそんなに熱くなるのか…そう思うだろうが、肉体を思いっきり酷使した後であり、こういった体力勝負のことって、人間というより、動物の本能的な感情がむき出しになるもののようだ。特に男が女に負けるというのは悔しいものらしい。(後々、くうみんはこの、男の嫉妬に悩まされるのだが、この時は思いもしなかった)

 この後みんなで食事会になったけれど…
 頑張ったね、と讃えあうことのない食事会。ズルした、しないの攻防だけの、食欲の出ない食事会。

 多勢に無勢、いくら言ったところで証明することはできない。

 その夜、くうみんは涙の床に就いた。そして思った。
 いくら口で言っても無駄だ。こうなったら、実力で認めさせるしかない。

 絶対におじさんより速いことを見せつけてやる!! 

 その後、何を言われてもくうみんは黙っていた。
 表面は何事もなかったように、おじさんと走る毎日。でも、大会に出るようにはなった。

 はじめは練習会のようなものから始めた。最初はとある走友会のメンバーと、皇居一周。
 くうみんの圧勝。しかし、おじさんは「何かの間違いだ」と、思っていたようだ。

 次はなんだったか思い出せないが、とにかく、そんなような練習会に参加したのだと思う。これもくうみんの圧勝。でも、おじさんは「不意打ちを食らっただけ」と思ったらしい。

 そして運命の三浦国際ハーフマラソン。ここでは文句を言われまいと、スタート地点はおじさんとはぐれないように気を付けた。
 二人ともバチバチと火花をぶつけ合い…

 ハーフだけど、これが坂の多いすごいタフなコース。二人ともヨレヨレになりながら、ゴールを目指した。最後の最後までもつれあったけど、やっぱりくうみんの勝ち。

 二人で参加賞の三浦特産・三浦大根を背負って家路についた。すごいデカい大根で、疲れた体にずっしりと重かった。途中、中華街に寄っておじさんのかつての行きつけの店で食事をした。
 二人でビールで乾杯。憶えていないけど、コーンスープと炒飯はきっと頼んだだろうな。

 グビッとビールを飲み干したおじさんは、何かしみじみとした顔をした。
「今日は負けたよ」

 くうみんはにんまりと笑った。

 こんなくうみんを、気の強い嫌な女だと思いますか?でも、こうでもしないと、くうみんはおじさんから一生、「ずるいやつ」と思われていたかも知れないのだよ。

 それにしてもおじさん、この時は往生際がすごく悪かったのに、最期はあまりにも往生際が良過ぎだったんじゃないかい?これくらい往生際を悪くしてくれたらなあ…

  
  

 

 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

初マラソン ホノルルの悲劇

 ホノルルには、例のおじさんの勤め先のマラソンの速い男性(wさん)とその奥さん、K君、おじさんとくうみんで行った。本当はもっとメンバーがいたのだが、あまり関係ないので割愛。

 マラソンのスタートは、午前5時なので、3時くらいに起きて前の日に買ったおにぎりを食べてから、スタート地点に赴いた。一緒に来たメンバーは近くの部屋なので、一緒に行った。Wさんは奥さんの先導係をするので、今回は記録を狙わないそうだ。

 スタート地点はすごい人であふれかえっている。スタート地点と言っても、前の方はエリートランナーが独占するので、一般ランナーはその後ろに並ぶ。早く来なかったので、いい位置は望めず、一番後ろ近くのスタートになった。

 周りを見ると、一緒に来たはずのおじさん達がいない。くうみんは知らない人だらけの中で急に不安になった。あっちこっちうろうろしたけど、どこにもおじさん達は見当たらなかった。
 そのうちスタートの号砲が。仕方ない。このまま走ろう。

 初めてのマラソンは、それはきつかったです。確か、5キロ走って5分歩き、5キロ走って5分歩き…のような作戦を取ったと思うが、定かではない。
 ホノルルマラソンは12月の初めの日曜日開催なのだが、この時期は雨期。スタートのときは雨が降っていたし、時々雨が降った。しかし、常夏の国なので冷えることもなく、雨が降った後に虹が見えて、きれいだった。

 マラソンの30キロ過ぎは大変きつい。これが底と思うと、そうじゃなくて35キロ過ぎはもっときつい。この後の7キロ余りを苦痛と闘いながら、必死で足を前に進める。走るなんてもんじゃない。足を前に。足を前に。
 
 もうこんなバカなことはやめよう。こんなことは一度でいい。そんなことを思いながら、足を前に出した。
 ゴールが見えて来た時はうれしかった。自分の時計で記録は5時間33分くらいだった。貝で出来たネックレスをかけてもらい、完走Tシャツを受け取って、ホテルに戻った。もう膝ががくがくで、びっこを引きながら歩いた。周りにもそんな人がたくさんいた。

 ホテルの部屋に、おじさんはいなかった。私の方が速かったんだわ、うふふ。くうみんは風呂に入ってのんびりしながらおじさんを待った。

 30分くらいするとおじさんが帰ってきた。
 するとおじさんは、くうみんが思いもしない言葉を口にしたのだった。

「おまえ、ズルして前の方に並んだんだろ?」

 えっ!!

 このおじさんとオバさんは、今後どんな展開を見せるのでしょう?!
 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

マラソンの始まりはこうだった

 いつまで走れるか…そんなことを考えたら、走り始めはどうだったかを思い出した。

 20代後半くらいで、腰を痛めた。はじめは整形外科に行ったが、いい結果が出なくて整骨院に河岸を変えた。そこでも似たようなものだったが、何軒目かの整骨院に行ったとき、
「あなたには背骨を支えるだけの筋肉がない。まず運動しなさい」

 これが、ランニングを始めるきっかけになった。
 ラジオ体操から始めた。おじさんと一緒に、夕方の小学校で、鉄棒にぶら下がったり、校庭を走ったりした。一年くらいこんなことをしていたかねえ。
 
 近くにスポーツジムができたので、そこに行くことにした。はじめは運動メニューを作ってもらうために、インストラクターのお姉さんについて体力測定をした。すると意外にも結果が良かった。
「くうみんさんは、最大酸素摂取量がいい線行ってますね。あとは筋力。これはマラソンなんかしたらいいと思いますよ」
 同じようにおじさんも体力テストを受けたが、こっちは平々凡々の結果だった。

 褒められるとやる気になる。特にくうみんのようなお調子者は。
 今まで体育と言えば、先生から目をつけられていて、
「何かへまをするのはくうみん」
 と思われていたから、なおさらだった。

 そうか~、才能あるか~。おじさんとくうみん、どちらからともなく、
「ホノルルマラソンを走ろう」
 と言い出すようになった。

 おじさんは、まあまあ球技は出来た。そこそこ運動に関しては器用だ。
 くうみんは、運動なんか何もできなかった。ボールを持たせれば10メートルも飛ばないし、身のこなしもどんくさい。子供の頃は泳げたのに、中学の時、泳げなくなった。この理由はまたの機会に。
 だから、運動をするといえば、走ることくらいしか選択肢がなかったとも言える。


 平日は会社帰りにジムのランニングマシンで、休日は家の近所を走り回った。もちろん、おじさんも一緒。でも、二人ともすぐに息が切れて、続けて走れない。

 おじさんの勤め先にマラソンが速い男性がいた。当時彼はフルマラソンを3時間30分くらいで走れたらしい。おじさんはその人にどうすればいいのか聞いた。
「続けられるスピードで走ればいいんですよ。僕なんか朝走っていると、通勤のサラリーマンに追い抜かれるくらいの速さですよ」

 ふ~ん、マラソン3時間半の人でもそんなにゆっくり。じゃ、ゆっくり走ろう。今思うと、時速6キロくらいだったと思う。

 そんなふうに一年間、二人でトコトコ走ってきた。

 いよいよホノルルマラソンの日がやってきた。

 さて、このおじさんとオバさんは、どんな走りを見せるのでしょう?
 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

いつまで続くぬかるみぞ ぬかるみをいつまで走れるのかな?

 ランニングマシンで10キロランニングした後、風呂に入った。体を洗った後、湯船に入り、サウナに向かう…この後のビールが楽しみ。楽しみの前の楽しみ。

 顔見知りのオバと、世間話をするのだが、この時くうみんは名古屋ウィメンズマラソンがもうすぐという事に思い至った。
「わたし、3月に名古屋ウィメンズマラソンに出るのよ」
「あら~、凄いわね~」
 皆さん通り一遍に驚いてみせてくれた。うんうん、安心の反応。これが、
「別に…」
などという反応だったら悲しい。

「どれくらいのタイムで走るの?」
「若い頃は速かったんだけどね、今は5時間くらいじゃないかな~」
「5時間?!」

 そう、日ごろの体力から、もう4時間を切るのは無理かもしれないと、往生際の悪いくうみんも思い始めている。もう一度返り咲きたいと思っていたのだが…いや!最後まであきらめないぞ!とは思うものの、マラソンで4時間を切ろうと思うのもこれが最後かもしれない。

 以前のように、毎日走れなくなった。筋トレの疲れがなかなか取れない。スポーツはいつかは出来なくなる時が来るもんなあ。どんな名選手でも。あのイチローだって。 

 しかし皆さん、市民マラソンのタイムがどれほどのものか、想像がつかないらしい。
「普通の人のマラソンタイムって、どれくらいなの?3時間くらい?」

 一般人のマラソンタイムが3時間!!

「いや~、市民ランナーで3時間を切るのは、もう神の領域…」

 そう言えば、30代の、まだ4時間を切れないときに、会社の男性に言われたことがある。
「くうみんさんって、マラソン走るって聞いたけど、どれくらいで走れるの?」
 4時間は切っていない。だけど、もうちょっとで4時間を切れそうな時だった。
「4時間ちょっとくらいです」
 すると、男性は
「ガハハハハッ!」
 と笑った。
「マラソンって言うのは普通2時間くらいでしょう?!」
 くうみんは思わず絶句した。しかし、しろうと相手に説明するのも面倒なので、
「はあ、そうですねえ」
 と答えた。

 そうだな~、自分でしていないスポーツって、どんなものかわからないというのは仕方がない。現にくうみんも、水泳の一般的な記録って知らない。

 ただ、マラソンの場合は、市民レベルで言うと4時間を切ると結構自慢できる領域。この4時間がなかなか切れないんだよなあ。4時間1分とか言っても、その先に到達しないとか。ちなみにくうみんも、4時間3秒というトホホな記録を出したことがある。
 5時間以内なら、「頑張っているねえ」てところか。
 

 大体、市民レベルで普通って言うのは、ないんじゃないか?年齢や性別によっても競技者レベルとは比べ物にならない。例えばランニングの場合、市民ランナーの女子は、まだまだ発展途上で、男子よりもかなりレベルが低いように感じる。

 例えば、仲間内で速いと言われている男性でも、なかなか入賞できない。それだけ速い人がたくさんいるということだ。
 しかし、女子の場合は、速い人が少ないから、結構入賞できる。自慢じゃないが、くうみんは何回も入賞している。ただし、10キロ程度の短い距離に限る。

 しかし、これはあくまで市民ランナーレベルでのこと。

 競技者レベルでは、短い距離では長距離よりも、スピードが要求される。長距離とは全く違う競技と言っていい。
 しかし、市民レベルになると、短い距離の大会には、
「長距離は完走できないから、完走できそうな短い距離の大会を」
 という人がたくさん来るから、入賞の狙い目なのだよ。

 これからは年代別に細かく区切られた大会に出れば、入賞の可能性もあるかも知れない。しかしなあ、タイムは期待できなさそうだなあ。
 今までのくうみんの経験では、50代前半なら、まだ若い人に負けない。練習次第で、勝てる。

 50代後半になると、体にいろいろガタが来る。故障したところを治さず競技を続けて、そのままいけなくなるか、あるいは練習の質をうんと落とし、大会に出ないで治療に専念するか。

 何年もかけて治して、治ったときにはすでに還暦。これが今のくうみん。

  




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR