FC2ブログ

期待のカサノバ!非日常のひと時

 ついにこの日が来た。コスタネオロマンチカ自慢の有料レストラン、カサノバへ行く日が。
 この日も一番いいフォーマルドレスに身を包み、ダイヤの指輪とパールのネックレスを付けてレストランに赴いた。

 サービス料込みで59ドル、街中の店で食べたら300ドルという触れ込みの料理だ。300ドルと言ったら、今のレートで言うと3万3千円くらい?そんなディナーおら食ったことねえだ!

 期待に胸を膨らませてレストランに入った。
「予約しておりますくうみんです」
「ようこそ、こちらへ」

 案内された席に座った。隣にはすでに年配の男性二人組がワインを飲んでいる。
「白ワインをお願いします」
「イエス、マダム」

 隣の席の男性に声をかけてみた。見るからに立派な人たちだ。一人は痩せ型、もう一人はちょっと太めだが、雰囲気がよく似ている。歳は70代前半くらいか?
「こんばんは、どちらからいらしたんですか?」

 聞くと、乗ったのは神戸で住んでいるのは伊豆だという。へえ、伊豆だと神戸の方が近いのか?神戸乗船の方が一泊短いのでその分安い。そう言ったことも加味したのかも知れぬ。金持ちと言うのは、案外そういうことにシビアなものだ。

 二人は幼馴染だそうだ。
「彼はドクターなんですよ」
 痩せ型の男性が、太めの彼を指して言った。うんまあ、ドクター!!
「あら~、何科ですか?」
「産婦人科です」
「それは大変でしょう」
「いえ、もうリタイアして、時々アルバイトする程度ですから。こちらの彼はバンカーで、往年の慶應ボーイですよ」
 うんまあ、慶應ボーイ!バンカー!

 ああ、これがン十年前のシチュエーションだったら…若き日の出来事だったら…くうみんの人生は変わっていたかも知れない。
 しかし、あの世のおじさん曰く、「僕たちの結婚はあの世で決まっていた」とのことなので、やっぱりこんなものか?

 女性の皆さん!想像してみて欲しい!目の前にいるのが一人はドクター、もう一人は慶應卒のバンカー。まさしく盆と正月が一緒に来たような、いずれもアヤメかカキツバタの状態。
 思いがけず、くうみんに夢の様なひと時が来た。

 さて、気になる食事は…

カカサノバへ
 どんな料理が出て来るんだろうな?

前菜かな?
 前菜。なんだかよくわからない

魚介の裏ごし?
 丸く白いのは、エビの生すり身だと思う。その上に野菜や果物をトッピング

フォアグラ
 缶詰ではないフォアグラ。初めて食べた。なかなかうまい

 次は先日のパフォーマンスで見たカニのパスタ。ここで作った手作り生パスタだというがお味は… 

カニのパスタ
 期待のカニのパスタ。ワインはこの辺で赤に

ステーキ
 ビーフステーキ。説明書きによると、「AUSTRALIA WAGYU」だって

チーズ盛り合わせ
 いや~、うまかったな~

デザートのマカロン
 デザートのマカロン

 向こう側に思いがけず、ドクターのお手が。「もう食べられない」とか言っていた。くうみんはまだまだいける。
 
しまった食べちゃった!
 しまった!食べちゃった!ケーキです。見りゃわかるか

 しばし談笑した後、くうみんは先に失礼することにした。
「今日はどうもありがとうございました。楽しかったです。お先に失礼します」
「いいえ、こちらこそ」 

 バーに立ち寄ろうかとも思ったが、ワインをたらふく飲んだし、あとは寝るだけの方がいい。部屋に戻って着替えをした。風呂はもうすでに入ったので、化粧を落として顔を洗った。

 もうちょっと飲みたい。ミニバーから缶ビールを取り出して、ソファにドカッと身を投げ出した。プシュッと缶を開けて、ビールをグラスに注いだ。
 ゴクゴク…うんまい。

 枕もとにはおじさんの写真。くうみんは旅行にはいつもおじさんの写真を持って行く。
「おじさん」
 おじさんがいつもの笑顔を見せている。

 楽しかったかい?

 そう言っているような気がした。

 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : グルメ♪食の記録
ジャンル : 旅行

船内の食事事情

 くうみんは船旅はこれで3回目だが、有料レストランと言うものを利用したことがない。食べる物は用意されているのに、もったいないじゃない?そう思っていたのだけれど。

 ロビーに座っていたら、「カサノバレストランの料理長によるパスタパフォーマンス」が始まった。インド人のシェフがカニのパスタを作る。司会者が、
「このパスタは手作りなんですよ!さあ、おいしそうでしょう?出来上がったパスタは僕がいただきます!皆さんはカサノバに行って食べてくださいね!」

 レストランカサノバは、ミシュラン三ツ星シェフ、ウンベルトボンバーナが監修したスペシャルメニューが自慢で、普通なら300ドルはする料理だが、この船ではサービス料込みで59ドルで味わえると。

 ふ~ん。

 いつも一緒に食事をする二人組がいないことがあった。どうしたのかと思ったら、有料レストランのカサノバに行っていたそうだ。
「おいしかったわよ」

 それじゃ、行ってみようかねえ。

 そんなことを思い出しながら、朝食を食べていた。すると、一人の若い女性スタッフが来た。
「ステーキハウスの食事はいかがですか?」
 ステーキハウスの営業らしい。
「ごめんなさい、私はカサノバに行こうと思っているのよ」
「カサノバですか?カサノバとステーキハウスをセットで申し込むと、ステーキハウスの料金が半額になりますけど、どうでしょう?」
 ステーキハウスは33.5ドルだが、それが半額になるという。

 ふ~ん。それなら両方行ってみようか。

 という訳で、今夜はステーキハウス、明日はカサノバへ行くという、超豪華版の食事をすることになった。

 この日、船旅は終わりに近づき、函館に上陸することになっている。実はおじさんの形見の時計の電池がなくなって不自由したり、立ち寄り湯を求めて右往左往したり、順番で行けば函館珍道中を書くことが順当だが、レストランのことを先に書くとしようか。

 いつも行く、普通のレストランでも結構豪華な食事を味わえるが、ウエイターが良くない。しばしば注文を間違える。それなのに「自分は間違っていない」と言い張る。
 特に楽しみにしていたデザートを間違えられると腹が立つ。もう一つ注文すればいいのだろうが、面倒になってしまうものなのだよ。

 まず、一般レストランの食事から。 

 ある日の前菜
 ハムの前菜

ある日のスープ
 スープ

魚介のリゾット
 魚介のリゾット

ビーフ煮込み
 ビーフ煮込み

間違えていたデザート
 間違えていたデザート

 先に隣の二人組にデザートが一個来ていた。生クリームで出来たムースだ。二人はそれを分けあって食べていた。
 くうみんにもデザートが来たが、違う。これじゃない。
「そっちが私のデザートだと思うんだけど」
 そう言うと、
「あら~、そうかもね~、ウエイターが間違えたんだわ、オホホ~」

 楽しみにしていたデザートを横取りされるくらい腹の立つことはない。このバカウエイター!!

 カクテル
 ふう。カクテルでも飲んで気分を変えよう

バルコニー
 やれやれ


 翌日のステーキハウス「ラ・フィオレンティーナ」はこんな感じ

 予約の時間に行くと、営業をしていた女性が迎えてくれた。ここでウエイトレスもしているらしい。
 
 ステーキハウスへ
 ちょっと期待のステーキハウス

 隣は日本人夫婦で、理容院を営んでいるそうだ。ご主人は80代、奥様は70代とのこと。
「もう年なので、店もこうやってよく休むんですよ」

 有料レストランだと、やっぱり客層がいいような気がする。二人とも上品な感じだ。

ステーキハウスの前菜
 前菜のエビ。カリッとして、アツアツ
 
鮭です
 鮭のグリル

 ここまでは普通においしかった。しかし、メインのステーキでつまづきが…硬い!肉が硬い!くうみんはまだ歯が丈夫なので屈強なアゴでかみ砕いた。
 一時期かなり歯の具合が悪くなって、硬いものが食べられなくなった時期があったのだが、いつの間にか復活した。歯も治ることがあると初めて知った。

メインのステーキ
 ガチガチに硬いステーキ

 隣のご夫婦は、「硬くて食べられない」と、ほとんど残した。
 
ギリシャ風サラダ
 彩りがきれいなギリシャ風サラダ



 肉はオーストラリア産だそうで、シェフも堅いのがわかっているのか、薄~くして、ガンガン叩いた形跡がある。あれではとても33ドルの値打ちはない。せいぜいその半額、16ドルくらいだろう。特に船旅は年寄りが多いので、硬い肉は致命傷だ。

夕焼け小焼け

 さて、次の日は本命、期待のレストラン・カサノバ。
 
 このオバさんは、カサノバで一体どんな目に合うのでしょう?






 
面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

 
 
 

テーマ : グルメ♪食の記録
ジャンル : 旅行

おのぼりさん観光ウラジオストク

 ウラジオストクに到着する前にひと悶着あった。私の場合は、確かミニバーのビールの補充がないのでそれを言いにフロントデスクに行ったのだと思う。
 しかし、ウラジオストク上陸を前に、爺さん婆さんが訳の分からないことを聞きに来て、フロントデスクは非常に混みあっていた。

 「TODAY」という船内新聞が毎日配られるのだが、今日のツアーについて、こんな記述があった。

 ①日本人でツアーに参加する方はパスポートとコスタカードを持って整理番号順に〇○にお集まりください。

 ②日本人でご自身でビザをお取りになり、自由行動をする方は○時からの下船となります。

 爺さん
 ツアーに参加することになっているが、自分でもビザを取った。こういう場合はどうすればいいのか?
(ツアーに参加するなら、①に決まっているだろうが)
 婆さん
 案内される土産物屋だけでなく、小さなお店にも行きたい。円は使えるか?
(小さな店では使えね~よ)
 
 そんなこと、わかるだろうと思うのだが、爺さん婆さんは必死で係の人に食らいついている。
「まったく、不親切な書き方だ!!」

 そうかなぁ、これでわかると思うけど。
 
 まあいいか、と、バーでビールを飲んでから、ビュッフェレストランでデザートのアイスクリームを取って部屋に向かった。持ち帰り自由だからいいねえ、くうみんの母はこっそり持ち帰っていたが、ここでは堂々と持ち帰っていいんだよ!な~んて思っていたら…

 開かない!鍵が開かない!

 ああ、アイスが溶ける~。

 近くにいたお掃除スタッフに声をかけた。彼がやっても鍵は開かない。
「これはフロントに行くしかないですね」
 という訳でフロントへまた行く羽目に。
 すると、バーのウエイターと日本人女性が心配そうな顔で立っていた。なんと、ビールを頼んだとき、バーのウエイターが部屋のカードキーでもあるコスタカードを渡し間違えていたのだ。
 まあ、結果オーライで、無事部屋に入ってアイスを食べることができた。

 アイス
 かなり溶けてしまった

ウラジオストク近く
 もうすぐ到着

ウラジオストク港
 ウラジオストク港

歓迎の司会
 皆様ようこそおいで下さいました

歓迎の踊り 私達、まだかしら?
 私たちの出番はまだかしら?

出番だわ!
 それ、待ってました!

きゃっほ~!!
 キャッホ~~~!

シベリア鉄道の始まり
 シベリア鉄道の入り口

なんだっけ?
 すまん、なんだっけ?

芙蓉に似た花
 芙蓉に似ているけど芙蓉ではない。なんだろう?

潜水艦
  潜水艦C-56博物館。今日は休みだって

整理番号
 偶然にもくうみん達の整理番号もC-56。ちなみにcはロシア語で「エス」と読むそうだ。

う~ん、忘れた

ウラジオストクの帰宅ラッシュ
 ウラジオストクの帰宅ラッシュ

観覧車
 カラフルな観覧車
 
金角湾の橋
 鷹巣展望台から黄金橋を望む
 
恋人が逃げませんように
 毎度おなじみ、どこにでもあるなあ、こう言うの。恋人たちが永遠の愛を誓う…てか、逃げないようにしているようで怖い
 
由緒ある聖堂
 由緒ある聖堂らしいが、名前は忘れた。すみません、役に立たなくて

 この中に入るときは男性は帽子を脱ぎ、女性はスカーフをかぶる。
 葬儀が行われるのか、お棺の中にご遺体が安置されている。見学の後は、皆さんご遺体に向かって頭を下げた。

 ロシア人て言うのは美男美女が多い。
 白人、特にアメリカ人は、若いのにものすご~く太っていて、かっこいい男性、きれいな女子は一握りしかいない。しかし、ロシアではそんなに太った人を見かけない。
 顔が小さくてすらりと背が高く、筋肉質だ。さすが各国諸脳の中で一番セクシーと言われるプーチン大統領の国。
 
 以前、日本を通してアメリカに亡命したベレンコ中尉を思い出す。彼も顔が小さくて背の高い、かっこいい人だった。亡命で飛行機に乗るときは、暗殺される危険があるので、彼そっくりの姿をした男性と一緒に歩いた。
 全く違いが判らないほどよく似ていて、二人ともトレンチコートがよく似合った。
 
 ガイドさんと記念写真を撮ってもらった。女性の方がメインのガイドさんで、大学の先生をしているそうだ。男性の方はまだ研究生。説明をするときはガチガチに上がっていた。
 
ガイドさんと
 顔にお絵かきするのがもったいないほどの美男美女!

 連れて行ってくれるのは安全だけど、どこに行ったのか全く覚えていない。やっぱり、自分の足で行かなきゃ。

さらばウラジオストク
 さらばウラジオストク。さらばロシアの美男美女

 ウラジオストクは日本人街などもあったそうだ。この地の名物料理もあるそうで、今度行く時は、もっとゆっくり街を回りたい。

 次の日は一日クルーズ、またジムにでも行って体を動かすか。
 
 
 
 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

なんてこった!な、船長主催のパーティー

 船長主催のパーティーには、思いっきり着飾って行った。ダイヤの指輪にパールのネックレス。おじさんと一緒に買いに行ったフォーマルスーツ。
 時間通りに行くと、いつもの広間は立錐の余地もない人、人、人…

 その片隅に「船長と一緒に記念撮影」というコーナーがある。もちろん自分のカメラで撮るのは禁止。すべて船内カメラマンが撮影して、売り物にするのが目的。
 
 タダで飲めるシャンパンを探すと、ようやっと見つかったが、人の壁に阻まれて手が届かない。近くの人が取ってくれた。
「ありがとうございます」

 舞台に司会者が現れて、いよいよパーティーが始まる。司会者によると、15人のメンバーが出て来る。3回踊るので、45人の人にチャンスがある。メンバーと踊った人には抽選券を渡す。後で厳正なる抽選をして、素敵なプレゼントを差し上げます、だって。

 なんと!それじゃダンスを踊らないと、パーティーに参加したことにならないじゃない!よっしゃ!ここはなんとしても踊らなくては! 
 くうみんは舞台に向かった。一回目はダメだった。しかし、2回目。一人のメンバーの腕をつかむことに成功した。
 
 やった~~~!!

 しかし、さあ、ダンスを!さあ、抽選券を!と思っていると、相手の男性は傍らにいる女性を指して、言った。
「いえ、私はこちらのレディーと踊ります」

 そう、くうみんは振られたのだった。
「あら~、そうでしたの、オホホ」

 そう言ってその場から離れた。その次に司会者が目に入った。こいつと踊ればいいんだ!くうみんは司会者の腕をつかむと無理やり踊り始めた。司会者はちょっと迷惑そうな顔をした。

 嫌ならいいのよ!とにかく抽選券をちょうだい!!

 しかし、司会者は抽選券の数に入っていなかったらしく、ついに抽選券は貰うことができなかった。

 ガックリしながら、舞台から降りると、あれほどたくさんいた人がかなりいなくなっていた。まだパーティーが始まって20分も経っていないははずなのに。
 皆、踊りを踊った人達だけのパーティーであると悟ったようだ。

  しかし、舞台に上がったお得意さんは、日本人ばかりだった。他にもロシア人やイタリア人がいたのに、日本人もやるようになったのぅ。

 どうしてくうみんは振られたのか?それは決まっている。踊るのは顔なじみ、お得意さんだけなのだ。

 だから仕方ない。この船に乗ったのは初めてだし、もし逆の立場だったら、
「なんでなじみ客のこの私をスルーするのよ!」
と思うだろうから。

 でも、振られるのって悲しい。思い切り着飾って行ったから、よけい悲しい。
 
 くうみんは、パーティー会場を後にして、トボトボと自分の部屋に戻った。服を着替えて、ミニバーの中にある缶ビールを取り出して飲んだ。アサヒスーパードライ。日本の味だ。これも悪くない。
 
 今は悲しみに浸るだけ。嫌なことは早く忘れよう。明日はいよいよウラジオストク。ロシアに上陸するのは初めてだ。

 どんなところだろうな…

 
 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

ウラジオストクへの航海は波乱の香り

 5月27日に神戸を出発すると、ウラジオストクには30日の昼頃到着する。それまでは船上で優雅に過ごす…はずだった。
 
 まず、バーで飲んでいた時に隣の男性とクルーズの話をした。この方は船が好きで、何十回といろいろな船に乗っているそうだ。ここのスタッフとも顔なじみ。そんなことはどうでもいいが、この方からまたまたトンデモ情報を手に入れた。

「ウラジオストクに行くにはビザが必要ですよ」
 えっ、そんな!聞いてないよ~!
「それならツアーに参加することですね。ツアーならビザは必要ありません」
「ありがとうございます」
 その後くうみんはすっ飛んでウラジオストクツアーを申し込んだ。一番安い市内観光、75ドル。円安の今、結構な出費になってしまった。

 その後の調べによると、電子ビザなら手数料なしでビザが取れるとのこと。くうみんとしたことが、ぬかったわい。75ドルの損。

ロシアの電子ビザ 取得サイト

 それまでの2日間は、船内の催し物やスポーツジムを利用するなどして過ごした。

 ジムで汗を流して女子ロッカールームでシャワーを浴びようと支度をしていると、いきなりオヤジが入ってきた!
「ここは女子ロッカーですよ!」
 くうみんは声をかけた。裸でなくて良かった。
「えっ、あ~っ、どうもすみません、間違えてしまって…いや~どうも」
 など言いながらなかなか出て行こうとしない。

「トイレに人が入っているのに、ドアを開けてしまったときは、丁寧に詫びましょう。大変失礼なことです」
 以前はくうみんも、家のトイレにこんなポスターを貼ったことがあった。しかし、これはおじさん向けのギャグ。

 こんな場合は、
「すみません!」
と言って、風のように退去するのがマナー。このオヤジ、何を考えている!

 食事は着席式のレストランと、ビュッフェ式のレストランがある。くうみんは大方着席式のレストランで食べることにしていた。席は決まっていて、メンバーもいつも同じ人。二人組と一人旅の女性、そしてくうみん。
「今日は船長主催のパーティーね」

 そう、この日の夜は船長主催のパーティーがある。この4人も、着飾ってパーティーに参加することだろう。
 くうみんもこのパーティーは楽しみにしていた。過去の船旅では毎回、無料でシャンパンがふるまわれ、この時とばかり何杯もおかわりしていたものだ。
 今回は飲みホということで、そんなに飲むことはないだろうが、シャンパンタワーやダンサーや歌手によるきらびやかなショー…なかなか楽しいものだ。

 この時のために、パールのネックレスをつけ、持っている中で一番いい服を着て、会場に赴いた。

 オホホホホ…

 しかし、このパーティーで、くうみんは悔しくて地団駄踏むことになるとは、夢にも思わなかった…

 さあ、このオバさんは、どんな目に合うのでしょう?!

 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR